カリブ諸島

フリーウインズ処女航海30周年記念祝賀会で365日の記念碑的なサイエントロジーの功績を称える

世界各地からやって来たサイエントロジストが、さらに広がる拡張を計画するし、12ヵ月間の途絶えることのない成功を祝うために、サイエントロジー教会の宗教的な静養所、発動機船フリーウィンズ号に乗船します。

バルバドスのブリッジタウンと呼ばれるクルーズ船の港にゲストが到着し始めたのは、6月15日金曜日。白く輝く、9つのデッキ、134mの船が待つ場所です。 午後6時から、世界中からの最も献身的なサイエントロジスト250人以上が、ドックで、またはすでに乗船して、島の風を受けながら手すりに立っていました。 王立バルバドス警察バンドのスチールパンが爽やかな空気の中に鳴り響き、雰囲気は期待感で高まり、地元の高官たちも別れを惜しみました。 フリーウィンズの船首を波止場から海上へと向けると、30周年記念を称えて、壮大な花火がブリッジタウンの空に開花しました。

カリブの人々はすぐに熱帯諸島、美しい景色とカリプソ音楽を楽しんでいる休暇旅行者を乗せて、島から島へとゆったりと滑る堂々としたクルーズ客船のイメージを呼び起こします。 フリーウィンズは5つ星の料理、見事に整えられた個室、典型的な大型定期船の優雅さといった、他の高級船の特徴を間違いなく持ち合わせおり、乗客は紛れもなく、西インド諸島の保養地を楽しんでいますが、他のものと比較することはできません。

サイエントロジー宗教の教会指導者、デビッド・ミスキャベッジ氏が、毎晩の魅力的なイベントと、フリーウィンズの業績を伝えるブリーフィングの1週間である真珠記念を開始します。
 
 

「この2018年OTサミットに出席することの意味をあなたは尋ねるかもしれません」とサイエントロジー宗教の教会指導者ミスキャベッジ氏は始めました。 「そして過去30年間、すべての処女航海であなたが見たものについて尋ねるかもしれません。 それには、長い説明も、短い説明もできます。 しかし、どちらにしても、答えは「すべて」です。

デビッド・ミスキャベッジ氏が、毎晩の魅力的なイベントと、フリーウィンズの業績を伝えるブリーフィングの1週間である真珠記念を開始します。

毎年6月にフリーウィンズで開催されるユニークな週は、数ヵ月、数年後の成功と拡張の計画はもちろん、この1年の教会の多大な成長と達成を見直し、検討し、祝うために、世界の最も献身的なサイエントロジストが集まる聖職会議です。

そして、間違いなくこの処女航海は期待にこたえるものでした。

30年の遺産を称える人道主義者の船

最初の夜は威厳のあるフリーウィンズに捧げられます。 この30年の時点で、その乗組員はカリブ海における比類のない記録を誇りとします。5000年以上の航海経験、合計38万マイル以上の航海距離記録、これは世界をおよそ18周するのに相当します。

実際、1年365日、フリーウィンズはカリブの人々を向上させるという人道主義的使命によって駆動されるコースの海図を作っています。 フリーウィンズの乗客、サイエントジストと友人は、訪れる島々で何万時間もの人道的な貢献をしてきました。そしてそれには組織化や、文化的なプログラムを行ったり、薬物の防止、人権、島の若者の道徳教育を後援したり、さまざまな地域社会や慈善団体の益のために世話役を務めたりすることが含まれています。

実際、2018年、無数の西インド諸島の島々から来賓を迎え、オランダ領カリブ諸島は彼らの感謝と敬意を表し、4つの記念碑の除幕式を行いました。それぞれが島の主要な港の入り口に設置され、毎日30万人の人々の目に留まります。 さらにフリーウィンズを称える11の記念額の展示イベント。コロンビアのカリブ海沿岸国家警察によってカルタヘナで提示されたものもあります。 これらの儀式を撮影したハイライトは夜のプレゼンテーションで特集されました。以下の感謝の言葉が続きます。

「30年は本当に画期的です。フリーウィンズを通って行った人、そして、現在奉仕している人々は、本当に人類への献身的な奉仕に自らの人生を捧げています」と述べたのはドミニカの教育大臣です。

「実際、あなたは来る年来る年この地にいらっしゃっています」とセントルシア首相が付け加えました。 「ですから、みなさんは私たちの社会にとって本当に不可欠な部分となっています。」

ドミニカの首相は、このように要約しました。「フリーウィンズは今やカリブ諸島と同義語です。 あらゆる島であなたは非常に高く評価されていています。そして過去30年間に行ってきたことはとても感謝されています。」

現在までに、フリーウィンズの終わることなく続くの慈善努力は、すべてのカリブ海の友人、そしてよく訪れる島々と港、アンティグア、ドミニカ、セントマーティン、セントキッツ、トルトラ、バージン・ゴルダ、セントビンセント、バルバドス、グレナダ、アルバ、ボネール、キュラソー、フリーポートとナッソーから450以上の賞、感謝状、心からの宣言が贈られました。

サイエントロジーの拡張の内側

毎年参加者は、宗教の拡張し続ける運動、そして最もエキサイティングだったと証明された今年の出来事すべての詳細に関するブリーフィングを受けました。

午後のセミナーの司会は教会の経営部からの代表者が行いました。紹介された一連のエキサイティングな話題は、パイプラインにいる新しい理想のオーグの数々についてでした。 今後登場するオーグのオンパレードは、航海の精神を体現しました。完了とグランド・オープニングを滑走路で待機している新しい教会はポート・エリザベスから、南アフリカ、ニューキャッスルや、イギリス、サンフアン、プエルトリコ、カリフォルニア州サンタバーバラに至るまで、複数の大陸に渡っています。

次の精力的な要約は、3月に歴史的な開局を迎えたサイエントロジー・テレビネットワークを祝い、サイエントロジー・メディア・プロダクションズの舞台裏を見ました。 実際、参加者は、教会が所有し、スタッフを配置しているハリウッドのスタジオが、どのようにオリジナル番組を生み出し、世界中に17言語で放送することに関する山ほどの詳細をどのように管理しているか発見しました。

そしてプレゼンテーションを締めくくるにあたり、この宗教の拡張が、いかに急速に世界各地の地域のサイエントロジー教会に影響を与えているかのを、乗客は楽しんで見直しました。その扉を入ってくる人の数は宗教の歴史上過去最高です。

創設者L. ロン ハバード (LRH) の遺産に捧げる夜

人権を擁護したLRHについて、あなたは耳にしようとしています。…覚えておいてください。当時そこで危険にさらされていたものは、今日でも同じです」と、ミスキャベッジ氏は、待望の伝記プレゼンテーションを紹介するときに述べました。

LRHの伝記作家、ダン・シャーマン氏は、L. ロン ハバードの南アフリカでの人権のための戦いの物語にスポットライトをあて紹介しました。 特に、ハバード氏の伝説的な権利章典とローデシアのための憲法…アパルトヘイト真っ盛りの人種偏見の壁を打ち砕くことを目的にした文書についての話です。

プレゼンテーションを生き生きとさせたのは、LRHと働いた人々のカメラ・インタビューと、彼が南アフリカ滞在中に接した人々の人生でした。そこは無限の潜在性の場所であり、彼が大いなる希望を人々にもたらした場所です。

人類の名における夜

フォーマルな夜は国際サイエントロジスト協会 (IAS) と、宗教によるさらなる社会改善事業という使命に捧げられました。これは、毎年の処女航海記念のダイナミックな部分です。 IAS後援によるキャンペーンや今年の中間報告で認識された活動は、

  • 市民の人権擁護の会 (CCHR)。それは、デンマークの社会構造の上から下まで、合衆国の黒人アメリカ人の首都に渡って、そしてブリティッシュ・コロンビア州のバンクーバー先住民の人々の中をチェックして精神医学の不正行為を暴露。
  • ユナイテッド・フォー・ヒューマンライツユース・フォー・ヒューマンライツは、南米ガイアナ共和国の学校中に、南フロリダ州東部の人身売買航路に、イスラエルの中央の古代紛争地域を内側に人権運動の火を灯しました。
  • 薬物のない世界のための財団はキプロスのパーティーの近隣地域での薬物消費量を阻止することに取り掛かり、インドの19の州にわたって薬物のない若者の礎を築き、薬物のないアメリカのために沿岸から沿岸まで横断しました。
  • そして最後に、IAS後援によるプログラムはしあわせへの道を通じて社会救済を提供し、ツインシティーの通りに平穏さと道徳性の回復をもたらし、ナルコノン薬物リハビリテーションは台湾東部にわたる薬物使用率を減少させ、アプライド・スカラスティックスはナイジェリア教育土壌全体で修了率を急上昇させました。

その週は、すべてフリーウィンズと大いに関係がある賞を受賞し、そのすべてはそれ自体が記念碑です。 フリーウィンズに率いられたキャンペーンの結果、しあわせへの道「真実を知ってください:薬物」そして「人権の物語」をコロンビア中に何百万部も配布され、続いてボゴタに全国サイエントロジー教会がグランド・オープニングし、コロンビアでの権利の侵害は96パーセント減少。そして国は、50年間の内戦を終わらせる、FARC軍隊と国家政府との間の協定という歴史的な平和を勝ち取りました。 そして、コロンビア国家警察は同じように対応しました。最高名誉のメダルをサイエントロジー宗教の教会指導者である、デビッド・ミスキャベッジ氏に「暴力、邪悪、テロリズム、薬物取引、そしてそれを脅かす否定的な要素すべてから人類を救い出している」ために進呈しました。

公式なプレゼンテーションの式典が、処女航海の最後の寄港地バルバドスのブリッジタウンで開催され、コロンビア国家警察を代表して、カルロス・ラミロ・メナ准将は、ミスキャベッジ氏に、准将ハイメ・ラミレス・ゴメス監察総監トランスペアレンシー・メダルを授与しました。 賞は国家警察の最も名誉あるもので、「勇気、勇敢さ、正直さ」そして「最高の理想、道徳と倫理的価値観の提示」を象徴するものです。 ミスキャベッジ氏にメダルを授与するにあたり、メナ准将はこう述べました。「この偉大なサイエントロジー組織を導いている人にこのメダルを授与する理由は有り余るほどあります。 すべてのトレーニング、動機そして、すべての警察官とコロンビア軍士官だけでなく、L. ロン ハバードの技術と彼が着想を与えた人権キャンペーンから恩恵を受けているすべての市民に対して、ミスキャベッジ氏が与えてくれた尊重に対して、全国警察は称賛し、アクノレッジし、私たちの大いなる感謝の意を具現化します。全コロンビア警察の名のもとにお祝い申し上げます。 私たちが新たな社会を築くために、計り知れないほど貴重な支援を提供してくれたこと、感謝します。 かつてハバード氏はこう言いました。『私たちは人を救う… 私たちは永遠の中で働いています。』」


それをもって、その週は、すべてを終えましたが、さらなる拡張というテーマはより活動的な運動となりました。 実際、これらの聖職会議が集められて以来の教会の過去30年の急速な拡張は、偶然ではありません。 、この一年だけで、新しい教会はアイルランドのダブリン、イギリス、バーミンガム、そしてヨーロッパ、オランダのアムステルダム南アフリカのヨハネスブルク・ノース、そしてユタ州ソルトレイク・シティー、さらに合衆国カリフォルニア州シリコンバレー。 航海直前の1ヵ月の間に、さらに2つの新しい宝石が新しい教会の王冠に加えられました。オーストラリアのパースに、そしてフロリダ州オーランド、70の主要なサイエントロジー教会が世界中の6つの大陸にわたる世界的な都市に立っており、さらに多くが急速な発展にあります。

ですから代表者たちが家に向かうにあたり、次の年の拡張と社会改善に向けた新しい計画は準備万端であり、ミスキャベッジ氏は以下のフィナーレのメッセージを贈りました。

「これで私たちの処女航海30周年記念は終わりになりますが、私たちの終わりはまた新しい始まりです…

「そしてこの場合、今この場で始まるものは永遠に続くことになるでしょうし、そうしなければなりません!」

新鮮な明るい未来のための新たなビジョンが咲き誇り、すべての人が船を降り、新たな地平線を遥かに超えて活動し続けるでしょう。