デンマーク、コペンハーゲン

デンマークの喜び:サイエントロジーの新しい教会がコペンハーゲンの中心部に誕生

サイエントロジー教会のグランド・オープニングは、コペンハーゲンの歴史的中心部の精神と魂をよみがえらせます。

ヨーロッパ最長で、最も賑わいのある歩行者天国を散策すると、コペンハーゲン発祥の地にたどり着きます。 2つの有名な広場、ニュトーウ(新しい広場)とガメルトーウ(古い広場)、約1,200年前、ただの商業地域だった時代、デンマーク人が会議をしたり、市場だったりした場所です。 それ以来、そこは大きな災害、神聖な芸術とデンマークの日々の生活の場所となってきました。 今日では、過去が現在へとつながる、すべてのコペンハーゲンの人々が集う場所です。

それは、輝かしいデンマークの午後、2,500人以上のサイエントロジストとゲストが、スカンジナビアの最も古く、最も裕福な文化的な首都の新しい歴史の一ページと、教会の拡張の季節の次のステップを祝うために石畳の広場に集いました。

ミスキャベッジ氏 の演説の間、活気溢れる群集は、コペンハーゲンとデンマークのすべてのための歴史的な日の喜びに何度も立ち上がりました。

サイエントロジー宗教の教会指導者、デビッド・ミスキャベッジ氏が、この落成式を執り行い、この歴史的達成への旅について詳しく話しました。 「何人かの方は、覚えているでしょう。はるか昔、私たちは真夜中に会いました。 そして、皆さんはこの教会の未来のビジョンを示しました。 私は皆さんのビジョンを共有し、そして皆さんはその実現を宣誓しました。 風やみぞれや雪は、私を遠ざけることはできませんでしたよ。そして私は、こう言うために栄光の春へとやって来ました。『皆さんはやりとげました。皆さんはそれを見て、つかみとったのです。 そして今ここに、デンマークすべてのための精神的な自由と永遠の自由意志の名のもと、世界で最も理想的なサイエントロジー教会が存在しています。」

ハンス・クリスチャン・アンデルセンの「デンマークで私は生まれた」と題したオープニングから、何千人もの人々が、国の伝統と不思議の感覚の両方を持ち合わせた、グランド・オープニング式典に参加しました。 偉大なデンマークのための人道支援のパートナーシップの物語、すべての人と共有される知識が宝物である場所での冒険、そして、歴史的建築物が魔法のように生まれ変わったことに、高官たちは活気づきました。

教会は、再設計され、復元され、コペンハーゲンの中心地の新しい拠点として再開しました。 3,700平方メートルのネオ・クラシカルな建物では元々1796年に建設されたもので、1年前のニュトーウ/ガメルトーウ地区を焼き尽くした大火の結果、建てられたものでした。 実際、都市計画は、長い梯子を搭載した消防車が街の狭い通りに入って行けるように、建物の独特な「壊れた角」外観を命じました。

教会は地元の職人と協力し、技巧とケアで、歴史的建造物に本来の特徴を取り戻しました。 デンマークはそのデザインと職人、オリジナルのオークの開き窓、外にある小さなドア、木製の階段そしてアーチ型の天井などで世界的に有名です。

デンマークの新しいサイエントロジー教会は5階建ての高さで、毎日7万5000人の歩行者がいるストロイエから歩いてすぐの所に位置しています。 そうして、コペンハーゲンの市民団体からの敬意を得ている多くの人道支援活動の中央都市の拠点としての役割を果たしています。

何百万部もの「真実を知って ください :薬物」の小冊子で国中の若者にリーチしてきた薬物教育グループ、近所で清掃活動を行い、 L. ロン ハバードによって書かれた宗教色のない道徳的な生活のための規律を、コペンハーゲンの街中に配布してきたしあわせへの道の組織、毎年恒例の「意識の行進」で国家の伝統を支持するための活動を行い、20万以上の人々に人権メッセージを届けているユース・フォー・ヒューマンライツ。30年間に亘り、教会はこれらの活動を後援しています。

市や国の高官たちは善意の精神で教会の歓迎を称えました。コペンハーゲン市議会議員のクラウス・ミューギン氏、デンマーク警察元警視正、トゥーガ・ベア・ニルセン氏、出版社役員、コペンハーゲン市政治顧問のレナ・イェンセン氏、そして文化遺産復元専門建築家のビヤーク・クリステンセン氏です。

市議会議員のミューギン氏は、新しい教会の落成式に集まった人々に、すべての社会問題の根底にある要因として人権への献身を述べました。 人権は私たちの社会の柱であり、それが崩壊すれば、最大の不幸と絶望に見舞われるでしょう。 私たちの強みは団結です。ですから、その団結の精神でもって、ユース・フォー・ヒューマンライツとのパートナーシップを始めたのです。」

ミューギン氏はその鋭敏な人権パートナーシップがどのように生まれたのか、続けました。「8年前、とても元気な若者のグループが私のところにやって来て、国際人権デーに実施するデモ行進に協賛してほしいと依頼されました。 学生たちの情熱の火花に突き動かされました。どうして断れるでしょう? デンマークの何百人もの若者たちが参加し、シティー・センターからノレブロまでデモ行進をしました。 ダンサー、歌手、ラッパーもいました。 それはコペンハーゲンの通りで実行された人権でした。 今では毎年、みんなで一緒に歩いて行進をしています。 みんなで街中を歩き回って、若者の運動を触発してきました。 これはもうあなた方の行進ではなく、私たちの行進なのです。」

デンマーク警察元警視正、トゥーガ・ベア・ニルセン氏が、薬物乱用の悲劇のすべてについてあまりにも良く知っている方です。 「薬物を取り、死んでいった知人や中毒者たちの死体をたくさん検死してきました。 警察官として、私は彼らに、最後に別れを告げる人間だったのです。 私たちの社会は、あらゆる解決策を試しましたが、どれも無駄に終わりました。 そして、薬物犯罪は私の仕事における、黒く塗りつぶされたひとつの章となりました。 私は壁にぶつかり、何の手も打つことができませんでした。 しかし、もうこれ以上最悪なことはないという状況に陥った時、私は全く新しいものを知らされました。それはナルコノンです。」

サイエントロジーの創設者、L. ロン ハバードが開発した薬物リハビリテーション・ プログラムを発見したのは、10年前、コペンハーゲン北西部にある、デンマークの施設でのことでした。「息子さんを訪問中だっ た、ある父親と話した時のことを覚えています。 彼は言いました。『息子は救われたんです。彼を紹介しますよ。』 息子さんは10年間ヘロイン中毒でした。でも彼の瞳と心を見つめると、そこには新しい命が見えました。 私がそれを目の当たりにするまでは、慢性中毒者がリハビリできると思ってはいませんでした。 しかし、卒業生は本物で、彼らの話は奇跡的な現実だったのです。」

文化遺産復元専門建築家のビヤーク・クリステンセン氏は、コペンハーゲンの不朽の外見を保存する助けを35年以上行っている方で、教会の歴史的 建造 物の改築の重要性について話されました。 「皆さんのネオクラシックの建物は、この広場、この歴史的広場を見下ろし、自身の物語を紡ぎます。 例えば、ここに住んだ人の中にはこんな人々もいます。デンマーク王国憲法および国歌の草案者、詩人は言うまでもなく、偉大な政治家まで。 ですからこの広場とこの家は、私たちの街の精神を伝えているのです。 そして、この理想のオーグのオープンにより、コペンハーゲン誕生の地は新たな歴史を刻みます。」

「私たちは建物を形づくり、その後、その建物が私たちを形づくるのです。」とクリステンセン氏は続けました。 「この10年を通して、皆さんは復元というアイデアを楽しむだけでなく、それを実行したのです。 そしてすべてを合わせ、私たちは、この典型的なデンマークの伝統的な顔を持った、印象的で現代的な建物を設計しました。 ですからこの建物は、今やデンマークの黄金時代から、サイエントロジーの黄金時代へと移ったのです。」

出版社役員、コペンハーゲン市政治顧問のレナ・イェンセン氏は、彼の初期の冒険と、L. ロン ハバードの教えを発見した後に起きたことについて語りました。「若い頃、1年かけて、知識を求めて世界中を旅しました。 その旅で、フィンランド、ロシアを渡ってアジア、そしてオーストラリアを周りました。 そこで、私は人間という織物、タペストリーを目にしたのです。 私は、新しいチャンスの到来を心待ちに帰国しました。 そして、皆さんの教会の創設者の本に出合った時、こう思ったんです。『ここから新しい旅が始まる。』 ただ存在するだけでは十分ではなかったからです。L. ロン ハバードを発見し、生きる時だったのです!

イェンセン氏は、ハバード氏を称え、素晴らしい 未来への大きな期待が始まる日の精神で締めくくりました。 「L. ロン ハバードは、彼以前の多くの人々とはかけ離れた存在です。 彼は知識の探求者であり、知識の普及者でもありました。 知恵の石を見付け、それを何度も何度もひっくり返し、常にさらに知るべきことを求めていました。 ですから今日は、英知を石のように積み重ねてできた、この家のオープンをお祝いしましょう。 ここがデンマークの人々の向上、探検、人生、そして上昇のいしずえとなることを願っています。」


新しいオークランド教会は、すべての訪問者にダイアネティックスとサイエントロジーを紹介します。その始めとなるのが、パブリック情報センターです。 ビデオ・ディスプレーにある500以上のフィルムで、サイエントロジー宗教の信条と実践、そしてその創設者L. ロン ハバードの生涯と彼が残した遺産などを紹介します。

情報センターはまた、サイエントロジー後援の多くの人道支援活動についても詳しく説明しています。 これらには世界規模の人権教育の取り組み、広範囲にわたる薬物防止教育とリハビリテーション・プログラム、読み書き・学習センターの世界規模のネットワーク、世界最大級の民間災害救援部隊であるサイエントロジー・ボランティア・ミニスター・プログラムなどが含まれます。

チャペルは、広々とした4階分の吹き抜けの講堂内にあり、ガラス貼りの天井からは優雅な輝きを投げかける自然光が採り入れられています。 地域ぐるみのイベントにも使われ、どんな宗派の人々でも歓迎しています。 さらに、この教会には多様なセミナールームやコースルーム、そして、ひとつの階全体がサイエントロジーの「オーディティング」と呼ばれる精神カウンセリング専用の施設となっています。


デンマークのリボンカットは、教会の成長の傑出した12ヵ月の偉業のひとつです。 その間、各地にさまざまな教会がオープンしました。フロリダ州のマイアミカリフォルニア州のサンフェルナンド・バレーニュージーランドのオークランドカリフォルニア州のサンディエゴオーストラリアのシドニーニューヨークのハーレムハンガリーのブダペスト、そしてジョージア州のアトランタです。

今後も中南米、北アメリカ、ヨーロッパ、イギリス、アフリカの主要都市でオープニングが予定されています。