カリフォルニア州ロサンゼルス

祝賀の時 : サイエントロジーは記録的な拡張の年を称え、可能性で満ちた2018年を歓迎。

数千人が喜びの中、新年のベルを鳴らし、より良い世界というの名の下に、限りない偉業の数々を顧みます。

記録的な数のサイエントロジストがサイエントロジー新年祝賀会のライブのためにシュライン公会堂に集い、興奮に満ちた雰囲気での中、その期待感は目に見えるほどでした。 奇跡的な2017年を終えることを印すこの儀式は、期待の実現、目標の達成、そして当然のことながら、新しい設定の時を祝うための時間です。     

リリジャス・テクノロジー・センター会長デビッド・ミスキャベッジ氏が2018年の新年祝賀会の司会を務めました。

「そうです。今夜は、私たちが新年を迎える鐘を鳴らし、行く年を送り出す夜です。」と、サイエントロジー宗教の教会指導者であるデビッド・ミスキャベッジ氏は宣言しました。 「一方、人々の時間に関する概念とは、時の翁、時間の支配者、太古の昔、神のみぞ知る時、繰り返す時間、そして、『間一髪』。私たちはこのルールの外にいます。『歳月人を待たず。』・・・時間がいつでも私たちに味方してくれるなら。 そして、誰もが理解に苦しんでいます。私たちが過去12ヶ月間に達成したすべてのことに照らしてみると、いったい私たちが誰なのか、と。皆さん、これはショータイムです!」

このように、ミスキャベッジ氏が、分刻みで展開された功績のハイライト映像に興奮で盛り上がった壮大な祝典を開始しました。 次々と続く過去最高の業績は、比類のない年を強調しています。 主要なものとして焦点が当てられたのは、過去1年に開かれた46,000平方メートル以上に及ぶ、数々の新しい教会の息を呑むようなレビューと、教会による有名な国際的な人道的努力です。 2017年の栄光なるグランド・オープニングは、

この絶え間ない拡張の波は、世界中の国々での宗教の認可を次々と生み出しました。 2017年の偉大な業績を称え、ミスキャベッジ氏は、壮大な達成と、マケドニア共和国とコロンビア共和国での宗教認可の後におきたことについて、熱気あふれる聴衆に発表しました。 2017年10月30日、メキシコでサイエントロジー教会の完全なる宗教認可がなされました。それはサイエントロジーと宗教の自由に対する画期的な勝利です。

その夜の発表やプレゼンテーションで強調されたのは、数え切れない数々の国々で文化復興を起こしているL. ロン ハバードの技術の異文化に及ぶメニューでした。

  • 生活教育向上協会(ABLE)― 非宗教・慈善プログラムは、薬物依存、識字率低下、犯罪を抑制・根絶するための戦略を提供します。 イギリスのイースト・サセックス州にある名門寄宿学校では、L. ロン ハバードの勉強の技術を基にした、国家認定を受けている授業概要を採用。70%の生徒が全国学力テストの平均値を上回るという結果を得て、英国の新しい世代に活気を与えています。 ホンジュラスのテグシガルパでは、政府高官が、『しあわせへの道』と普遍的な道徳であるその21の教訓を、世界で最も暴力的な2,000の学校で起用しました。その後、国の犯罪が20% 減少。 そしてヨーロッパ大陸。20のリハビリテーション・センターのネットワークを通して、ナルコノンは薬物中毒から約40,000人を救済しました。
  • 世界サイエントロジー企業協会(WISE) —仕事の繁栄をもたらすL. ロンハバードの技術の、今年の物語は、アメリカで最も急速に成長しているアドベンチャーパークで、効率的に高揚感が得られるように、管理運営ツールを使った中央フロリダの役員について。 また同様に、LRHのアドミン技術を活動休止中の花崗岩採石場に適用し、わずか3年で40倍拡張させ、750 以上の国際的な企業に最高品質の花崗岩を提供している南アフリカの起業家。 そして、収穫、品質管理、そして77種類の緑茶製品の包装に至るまで組織的技術を使い、3、600トンのお茶を生産。それによって、世界一の緑茶会社を作り出した日本の最高経営責任者。
  • 国際ハバード聖職者連盟 (I HELP)国際サイエントロジー・ミッション (SMI)—人類のためにサイエントロジーを最前線で支える砦です。 注目の成功例は、他宗派の学生グループを形成し、最終的に200,000人以上の シーク教徒、イスラム教徒、ヒンドゥー教徒、そしてキリスト教徒に『ダイアネティックス:心の健康のための現代科学』を伝えた、インドの開業医です。 6歳児を麻薬使用者にしている 、コカイン回廊の真ん中に位置するエクアドルのキト。ここでは、ミッション総代表が国家警察とパートナーを組み、サイエントロジー後援による人道的プログラムを町中に広げ、国民の 40% にリーチしました。 最後に、3つの印象的で新しいサイエントロジーのミッションがアメリカ合衆国ルイジアナ州、イタリアのセニガリア、そして台湾の台中で、過去数ヶ月の間に落成式を迎えました。それぞれがグランドオープン以来5倍に拡張しています。

また、100人以上の人々を完全なる自由へのブリッジへと導いた、37ヵ国を代表する、記録的な数のパワー・フィールド・スタッフ・メンバー (FSM) が表彰されました。 さらに今年は、過去前例のない、4 人の人がエリートFSMのステータスを達成。これは、1,000人の人をブリッジに導き、昇らせるという偉業を称えるものです。

フラッシュライト、紙吹雪、心躍る音楽に満ち溢れたフィナーレ。素晴らしい祝典と、とても一晩には詰め込み切れない、宗教の12ヶ月のオールスターたちの上にカーテンが落とされました。 2017年がなんらかの兆候であるならば、世界中のサイエントロジストが、2018年は以前の予想をすべてくつがえす年になる、とすでに予測していたとしても驚くにはあたりません。