ニュージーランド、オークランド

貴重なランドマークがオークランドのサイエントロジー教会として生まれ変わりました。

オークランドは、市街を一望する記念すべき場所で、ニュージーランドの新しいサイエントロジー全国教会のグランドオープンニングを祝いました。

精神性。 遺産。 伝統。 歴史。 教育。 学ぶこと。 これらは、ニュージーランドのサイエントロジー全国教会を支える柱であり、地元そして太平洋上のあらゆる場所からサイエントロジストが友人や支援者と共に、2017年1月21日、世界で2番目に古いサイエントロジー教会の再生に集いました。

オークランドの街と美しいワイテマタ湾を見渡す地元の歴史的な建造物は、当教会と地元の建築技師、保全主義者によって保たれ、そして細緻にわたり復元されました。ここは半世紀近くもの間、聖職者や宗教学者の精神的なトレーニングのために使われた場所であり、それがよみがえったのです。

「私たちは正確に言って、教会の建物を建物としては見ていません。 それは『生命の船』であり、共同体を形作る、生きて呼吸している基盤なのです。」 そして、私たちが霊的存在に再び命を吹き込んだとき、理想のオーグにも命が吹き込まれるのです。 ですから、私たちが理想のオーグの保護者として奉仕できる機会をくれたオークランドに感謝します。それは私たちと同様にあなた方のものです!— デビッド・ミスキャベッジ氏 リリジャス・テクノロジー・センター会長

1844年に設立された歴史的な建造物は、90年前の1927年にトリニティ・メソジスト神学校として増築され、キリスト教の神学者たちが環太平洋地域に使命を果たしに行くよう、訓練してきました。 ニュージーランドのすべてのサイエントロジストの精神的中心地として生まれ変わり、サイエントロジーの目標である、戦争も飢餓もない世界、そして人道主義的な目標を求め、献身する、という教義の下に、信仰や精神性という考えに戻ってきました。

1月21日土曜日、新しいサイエントロジー教会は、美しく細心の注意を払って復元された施設の扉を開きました。教会の精神的な使命だけでなく、何十年にもわたり活動をしてきた反薬物と人道支援プログラムの精力的な活動に対してもです。

サイエントロジー宗教の教会指導者のデビッド・ミスキャベッジ氏は、その落成式を執り行い、新しい理想のオーグの扉を正式にオープンしました。 オープニングのスピーチで、ミスキャベッジ氏はオープニングの重要性と、オークランド全体に与えるその可能性について語りました。

「私たちは正確に言って、教会の建物を建物としては見ていません。 それは『生命の船』であり、共同体を形作る、生きて呼吸している基盤なのです。」 そして、私たちが霊的存在に再び命を吹き込んだとき、理想のオーグにも命が吹き込まれるのです。 ですから、私たちが理想のオーグの保護者として奉仕できる機会をくれたオークランドに感謝します。それは私たちと同様にあなた方のものです!

教会の落成式は、地域協力の精神と、サイエントロジーの献身をひとつにしました。それはオークランドの人々が『啓発と精神的な知識の場所として壊れない遺産』と誇っているグラフトン地区の遺産を保護するのを助け、その建物を元の状態へと復元させてきたものです。

サイエントロジーの人道的支援に参加している地域社会のリーダーたちは、土曜日のグランド・オープニングで、国中に拡張している教会支援の重要性について語りました。

ヘリテージ・ニュージーランドの建築顧問のロビン・バイロン女史は、オープニングに参加した数千人の参加者に、これは過去と現在の癒合であるとして、このように語りました。「宗教の学習と指導のための施設として始まったこの歴史的建造物が、今や精神的ルネサンスを迎え、オークランドの新しいサイエントロジー教会の拠点となったことは大変意義深いことです。」

「この文化財を修復する取り組みへの皆様のご尽力は、忘れ難いものでした。」 「この建物は何年もの間忘れ去られており、その努力は簡単なものではありませんでした。 しかし、皆様はこの建物に宿る豊かな歴史を十分に尊重し、その貴重な資材や一流の職人芸を大切に保存しました。」

赤レンガと白いオマルストーン石が正面玄関に使われ、玄関ホールや図書室には上品に仕上げられたオーク材が復元されました。リム木材のパネルとマルバユーカリの床の保護は、まさに芸術の域に達しており、この建物を際立たせています。

地域社会は、教会の人権や社会公正、薬物防止プログラムがオークランドの人々の生活に変化をもたらしているのを、すでに目にしていますが、この教会の設立により、教会はさらに多くのことを表明していることになります。これらのプログラムは、ニュージーランドの教会の新しい本拠地で働くボランティアやスタッフの団結した努力を通じて発展しています。

ニュージーランド司法省青少年犯罪防止顧問のイボンヌ・ガルヴィン女史は、この教会の拡張に新たな機会に発見したと語りました。 「現在、私の活動において、青少年司法制度における危険性を扱っています。」と集まったゲストに言いました。 「私が初めてその司法制度に参加した時、どのように青少年が扱われているかを見ました。そして自分にこう言いました。『人権について何かを見付けださなければならない。』 しかし、何も見付かりませんでした。

それからサイエントロジー教会とボランティアたちについて耳にしました。 ですから、あなた方を見つけ出すために車で走り回り、あなた方に言ったことを今でも覚えています。『あなた方がやっている人権のプログラムを、私もやりたいんです!』 このようにしてオークランドの青少年に人権を教えるための団結運動を始めました。」

この活動は、向精神薬の乱用に対する精力的な代弁者でニュージーランド警察特別顧問のトーマス・ヘンリー氏、そして国内のメンタルヘルスに対して責任を取ることと平行して行われました。 「私はその場しのぎとして、精神薬という安易な『解決策』を与えられた数々の家族を扱っています。」と彼は語っています。

「これらは最終的に依存症、さらなるトラブルをもたらします。 私は人生を通して、これを見続けてきました。 私の経験から、心的、精神的な問題の背後にある真の理由はあまりにも無視されがちです。 実際の問題は、精神医学とメンタルヘルスについて、自分が影響を受けるまで何も知らないことです。」と彼は述べました。 「しかし市民の人権擁護の会(CCHR)に出会えたことで、私たちはもはや暗闇の中にはいません。 なぜなら、その暗闇の中に声が聞こえ、ひと筋の光明へと導いてくれるからです。その声こそ、CCHRです!」

マレアナ・ペカ女史 は、南オークランドのマオリ・ワーデン慈善団体委員長で、その日の意味を要約されました。 「私が今までに一緒に働いたことのあるサイエントロジー教会のどのメンバーも、世界を癒すことに心血を注いでいます。 サイエントロジストたちこそが、運動を支える、生きた資源なのだと信じます。 人の命を日々救っている方々に、感謝の気持ちを十分に伝えるのは容易ではありませんが、 私自身、ここにいる方々全員が、世界の中のこの地域を変える手助けをされたのをよく知っています。 そして共に、この理想のオーグを通じて、私たちのこの島国のあらゆる町に、その変化を届けることができるでしょう。」


これらの新しい土地の精神的な教育的背景として、1970年代、この建物はニュージーランド公教育機関の本拠地で、かつては、デザイン美術学校であったこともありました。この復元された教会施設で学び、教え、そして精神的な奉仕活動を続けるための機会の復活を見るです。

初のニュージーランドのサイエントロジー教会は、1955年にオープンし、L.  ロン ハバードの教会とその地域での活動のビジョンに基づき、60年以上に渡り、その成長と拡張を続けています。


新しいオークランド教会は、すべての訪問者にダイアネティックスとサイエントロジーを紹介します。その始めとなるのが、パブリック情報センターです。 ビデオ・ディスプレーにある500以上のフィルムで、サイエントロジー宗教の信条と実践、そしてその創設者L. ロン ハバードの生涯と彼が残した遺産などを紹介します。

また情報センターでは、多くのサイエントロジー後援のひとつである人道支援プログラムの詳細な概要を紹介します。 これらには世界規模の人権教育の取り組み、広範囲にわたる薬物防止教育とリハビリテーション・プログラム、読み書き・学習センターの世界規模のネットワーク、世界最大級の民間災害救援部隊であるサイエントロジー・ボランティア・ミニスター・プログラムなどが含まれます。

オークランドの理想のオーグには、日曜サービス、結婚式、命名式などのサイエントロジーの儀式や、あらゆる宗教の人々を歓迎する地域イベントなどが開催されるチャペルがあります。 さらに、この教会には多様なセミナールームやコースルーム、さらにサイエントロジーのオーディティングと呼ばれる精神カウンセリング専用のフロアもあります。


2017年最初のグランド・オープニングであるオークランドのオープニングは、過去12ヵ月の教会の爆発的な成長期間へと続くものです。 さらに進行中のものもあり、翌年にはアフリカ、ヨーロッパ、イギリス、北アメリカの文化的中心地でオープニングを予定しています。