なぜサイエントロジーに反対する人々がいるのですか?

なぜサイエントロジーに反対する人々がいるのですか?

人口の一定の割合が、どのようなものであれ改善を目指す活動やグループに激しく反対する特定の性質や姿勢を持っています。そういった人々の割合は非常に低いものですが(およそ2パーセント)、サイエントロジーが世界の状態を向上させるのに成功していることが許せないのです。この2パーセントの人々は、どのような効果的な自己改善活動にも反対します。彼らがサイエントロジーに激しく反対する理由は、サイエントロジーが大いに社会を助けているからです。サイエントロジーを受け入れ、より良い世界を築こうとするその努力を讃えている人は何百万人もいます。それに比べると、人々が向上していることについて腹を立てている人々の数は、ごくわずかです。