なぜサイエントロジー教会は、情報公開法の先駆者であると考えられているのですか?

なぜサイエントロジー教会は、
情報公開法の先駆者であると考えられているのですか?

1970年代に、サイエントロジー教会は、サイエントロジストだけでなくすべての国民の権利を守るために、情報公開法(FOIA)の推進と利用を指導する立場にありました。教会は、不正を暴露し、政府の透明性を保証するために、情報公開法の利用法を国民に知らしめる、大規模な大衆啓発キャンペーンを行いました。その目的のために、サイエントロジー教会は情報公開法が制定された当初には、非常に多くの情報公開法に関わる訴訟を起こし、基本的な判例を確立しました。それには、書類が情報公開法から免除されていることを証明する義務を政府に負わせること、そして政府関係局に、どの書類がどういう根拠で秘匿(ひとく)されているのかを明らかにすることを義務付けることが含まれます。

サイエントロジー教会とサイエントロジストは、常に情報公開の支持者であり、世界中で一般の人々が情報を入手できるようにする法律を制定する上で重要な役割を果たしました。サイエントロジー教会は、政府に責任を負わせ、情報公開法を活用し、国民の権利を侵害する政府関係者の不正行為を暴露しました。

教会の努力を称えるために、フォード大統領とカーター大統領のもとで、合衆国司法省プライバシーと情報請願局局長、クインラン J.シェイ・ジュニアは、米国自由人権協会とプロフェッショナル・ジャーナリスト協会とともに、サイエントロジー教会の功績を以下のように認めました。「彼らは政府にさらに多くの光を当てました。そして彼らだけでなく、他の団体も、情報公開法の利用法について出版物を出し、訴訟を起こし、議会の多くの聴聞会でさらなる情報の公開を求めて証言しました。」

サイエントロジストは、この件に関して、アメリカ合衆国だけにエネルギーを注いでいるのではありません。情報公開法が、フランス(1978年)、カナダ(1982年)、オーストラリア(1982年)、ニュージーランド(1983年)、イタリア(1991年)、ベルギー(1991年)で通過した時、サイエントロジー教会の教会員は、これらの法律を制定する上で極めて重要な役割を果たしてきました。