サイエントロジーは報道機関が敵対的だと考えていますか?

サイエントロジーは報道機関が敵対的だと考えていますか?

いいえ。マスメディアは社会の重要な要素であり、責任をもって管理し、責任をもって利用すれば、多くの望ましいことを行えると教会は考えています。実際、サイエントロジストは世界中で言論の自由の保護、および維持に力を尽くしています。

とはいえ、教会の報道機関に対する見解は、一般の人々と同じです。アンケートによれば、一般の人々は、報道機関の記事は不正確で偏りがあり、しばしば特別な利害関係によって形成されていると考えています。

この問題を正すために、教会員は「サイエントロジストの規律」に従い、報道機関がサイエントロジーとその活動について正確な情報を得るように努めています。実際に、教会はここ数年間、報道機関とともに何千件もの事柄に熱心に取り組んできました。責任感のある報道機関は社会改善のための効果的な手段になり得ます。教会は人権の乱用を多く摘発してきましたが、それはマスメディアの記事によってのみ広く知られることとなりました。実際に、教会のフリーダム誌は、献身と不屈の努力によって乱用を明らかにし、必要な改善をもたらした多くのジャーナリストを称えてきました。

しかし、時には無責任なジャーナリストが、サイエントロジーに関する間違った情報を意図的に報道することがありました。新しい宗教であるため、謎や誤解、ある程度の論争が存在してきました。これは新しく異なっているものにはつきものです。これはサイエントロジーに限ったことではありません。しかし、扇情的な物語をつくり出すことで、宗教に対する不寛容さを助長するのは不当な行為です。一般の人々に悪影響をもたらすだけでなく、サイエントロジストを危険にさらすことにもなります。

近年では、教会の代表者が主要なマスメディアの編集委員会に会い、サイエントロジーとその方針と活動について説明しています。これらの会議は、何年にもわたって集められた噂や虚偽の主張を一掃するのに役立ちます。このような会議は、教会とジャーナリストの双方にとって、非常に有益なものです。