市民の人権擁護の会とは何ですか?

市民の人権擁護の会とは何ですか?

市民の人権擁護の会(CCHR)は、サイエントロジー教会と精神科医であり作家でもある、トーマス・サズによって、1969年に結成されました。市民の人権擁護の会は、精神医療における人権侵害を暴き、精神治療の分野を正常化するために活動しています。1つのオフィスから始まったこのグループは、334ヵ国にわたって250支部を抱える、国際的な影響力を持った人権擁護ネットワークにまで成長しました。カリフォルニア州ロサンゼルスにあるCCHR本部には、「死を生み出している産業博物館」があります。この博物館には、ベドラム収容所やダッハウ強制収容所の実験の恐怖から、利益のための子供に対する非道な薬物過剰投与まで、精神医療の残忍な行為に関する衝撃的な歴史が年代順に記録されています。

さらに、市民の人権擁護の会は「巨利をむさぼる」や「心の病を売り込む」といった一連のドキュメンタリーDVDを発表し、精神医療の悲惨で残酷な歴史をさらに追及しました。