オーディターが従う行動の規律はあるのですか?

オーディターが従う行動の規律はあるのですか?

オーディターはプリ・クリアーに対してオーディターの規律と呼ばれる振舞いの規律を遵守し、実行します。オーディターの規律は、オーディティングを受ける人が、最大限の向上を得られるようにするためのルールに正確に基づいています。オーディターの規律は長年の観察から導き出されたもので、オーディターの振舞いを管理する倫理の規律なのです。

オーディティングは、オーディターが規律に従って行動した時に最もうまくいきます。
例えば、オーディティングの目標のひとつは、人に自分の視点について確信を取り戻させることです。したがって規律では、オーディターがオーディティングしている相手に、その人自身についてどう考えるべきかを告げることや、オーディティングされていることについて意見を述べることを、はっきりと禁じています。

オーディティングは、絶対的な信頼関係の中で行われなければなりません。ですから、他の宗教の聖職者と同様に、オーディターが教会員の話した内容を絶対に秘密にするように、オーディターの規律で定められています。

オーディターの規律によって教え込まれる特質は、本質的に人々が持つ最高のものと見なされます。オーディターは、オーディティングを受けている人が、自分の動揺や困難の領域に直面することを助けている間、その人に、親切心、親しみやすさ、忍耐、その他の美徳をもって接します。