薬物や医薬品について、サイエントロジーはどのような見解を持っていますか?

薬物や医薬品について、サイエントロジーは
どのような見解を持っていますか?

サイエントロジストは、身体が病気の場合、処方薬を使用します。また医師のアドバイスや治療に頼ることもあります。サイエントロジストは、ストリート・ドラッグや心に変化をきたす向精神薬を取りません。

サイエントロジストは、薬物が人に対して身体的、心理的、精神的に極めて有害な影響をもたらすと考えています。特に、そのような薬物は人の意識を低下させ、能力を妨げます。それらは何らかの問題への「解決策」ですが、結局さらに大きな問題となってしまいます。 

L. ロン ハバードは、人が薬物の有害な心理的、精神的な影響から回復できるように技術の全体系を開発しました。それにはピュアリフィケーション・ランダウンも含まれます。この分野における彼の発見は、一般社会でも広く用いられています。特にナルコノン薬物リハビリテーション・センターの国際的なネットワークにおいてです。