デビッド・ミスキャベッジ:拡張の時代をリードする


デビッド・ミスキャベッジ:拡張の時代をリードする

主要都市に新しいタイプの教会が続々とオープンし、サイエントロジーは過去5年間でその規模を2倍にしました。

世界各地で、ダイアネティックスとサイエントロジーの宗教サービスと社会福祉事業への要求は高まる一方です。これに応えるために、ミスキャベッジ氏は21世紀のさまざまな技術革新を導入して、「理想のオーグ(オーガニゼーション=組織の略称)」という戦略計画を始動させました。L. ロン ハバードがサイエントロジストたちに託した目標を実現させるために、すべてのサイエントロジー教会を「理想の教会」につくり変えるという計画です。その目標とは、すべての人が精神的自由を達成できるようにするサイエントロジーの技術を、目に見える形で表現しているような教会を建設するというものです。

「理想のオーグ」とは、サイエントロジー宗教の教会員や地域住民に対して総合的なサービスを提供するために設計された教会です。ここで「理想」というのは、教会施設のハード面と、教会員や地域住民に提供されるサービスの種類や質の両方を含んでいます。理想の教会は、マルチメディアを駆使した大規模な情報展示コーナーを備えています。そこでは、ダイアネティックスとサイエントロジーのあらゆる側面、創設者であるL. ロン ハバードの紹介、教会が実施する社会福祉事業や地域貢献活動の概要などが映像とパネルで説明されています。

宗教サービスが提供されるコースルームや宗教カウンセリング用ルームは、気を散らす要素がなく、美的にも洗練されています。また、図書館、書店、フィルム上映室、セミナールームもあります。広大なチャペルでは日曜サービスや結婚式、命名式といった教会員の集会が行われます。

2003年から2010年の半ばまでに、22の理想の教会が誕生しました。世界の文化的な中心地に置かれているものも数多くあります。例えば、スペインのサイエントロジー全国教会は、マドリードの文化地区にあります。サイエントロジー教会ニューヨークは、タイムズスクエアのすぐそばです。カリフォルニア州のサイエントロジー教会サンフランシスコは、由緒ある旧トランスアメリカ社ビルがその施設です。英国のサイエントロジー教会ロンドンは、ロンドン旧市街の中心部にあります。ドイツのサイエントロジー教会ベルリンは、有名なブランデンブルク門の近くです。

2009年4月以降だけでも、12もの新しい教会がオープンしています。4月には、ミスキャベッジ氏立会いの下で、スウェーデンのマルメー、テキサス州ダラス、テネシー州ナッシュビルに3つの理想の教会がオープンしました。2009年10月にはローマとワシントンD.C.、2010年1月から2月にかけてはケベックとラスベガスに理想の教会がオープンし、さらにブリュッセルにもサイエントロジー教会ヨーロッパが誕生しました。いずれもミスキャベッジ氏によって披露されました。それからわずか2ヵ月後の2010年4月、ミスキャベッジ氏は、新しいロサンゼルス教会のオープニングを取り仕切りました。2010年7月、ミスキャベッジ氏はさらに3つの新しい理想の教会のリボンカットに立ち会いました。メキシコシティー、カリフォルニア州パサデナ、ワシントン州シアトルです。

ほかにも60の教会が理想の教会となるべく、設計あるいは建設が進められています。すでに建設中のものは、テルアビブ、ツインシティーズ、メルボルン、シドニーなど総計2万平方メートル以上にのぼります。

こうした理想のサイエントロジー教会は、世界各地で何百万、何千万という規模の人々にサイエントロジーの英知を紹介できるようにつくられています。