サイエントロジー:マイルストーン・ワン

サイエントロジー:マイルストーン・ワン

L. ロン ハバードはこのシリーズの最初の講演を、世界を永遠に変えてしまうことになったこの6単語で開始しました。「これはサイエントロジーのコースです。」それからL. ロン ハバードは、その全く新しい主題の広大な領域を説明しただけではなく、前世に関しても詳しく説明しました。彼は次に、最初のEメーターの説明を行い、それから「遺伝的な身体のライン(身体と身体の進化の時間の軌跡)」とは全く違う「セータ・ライン(セータの存在の軌跡全体)」を発見するためにEメーターが初めて使用されたこと、そしてそれによって「人生は一度きり」という偽りが打ち砕かれ、精神的な存在としての「全軌跡」が明らかになったことに関して説明しています。つまり、この講演こそ、サイエントロジーの真の起源なのです。 続きを読む

購入する
¥43,000
数量
言語
送料無料 現在、送料無料。
在庫あり
24時間以内に発送されます
形式:
コンパクト・ディスク
講演:
22

詳しい情報 サイエントロジー:マイルストーン・ワン

しかし今、私たちがしなくてはならないことは、個人として、最初のマイルストーンを越えて、十分な距離を前進することです。そうすることで、人間が生まれつき持っている実際的なゴールのいくつかが、この宇宙において実現可能となります。そして私たちにはそれができます。なぜなら、今この瞬間私たちが持っている疑いはすべて、単に逸脱にすぎないからです。今この瞬間、あなたと戦っているものは何であれ、それはあなたの中にあります。炎、剣、警察、国家政府、経済制度…人類がいったんスタートしたら、そういったもののどれひとつも、人類をストップすることはできません。そして、私たちがしようとしていることは、人をスタートさせることです。― L. ロン ハバード

1952年の初期までに、L. ロン ハバードはその調査により、人間の歴史に対する完全に新しい視点を得るに至りました。この発見の足跡は『ダイアネティックス』出版後の夏に始まり、プリ・クリアーが、「前世」という観点からでないと説明のつかない出来事に接触しているという複数のオーディター・レポートによって引き起こされたものです。

「調査を深めれば深めるほど、このホモ・サピエンスという生き物が、どれほど多くの未知な部分を抱えているか、わかってきました。」

次の20ヵ月を通じて、L. ロン ハバードは注意深く、それらの知られていないものを調査しました。活動地域のオーディターから提供された情報は、彼自身の調査による発見を裏付けていました。この調査における最高の重要性とは、初めてのEメーターの開発と、その使用でした。それにより彼は、長い間隠されてきた出来事を明るみに出し、その地図を描くことが可能になりました。そしてその結果彼は、その生命力、つまり「セータ」にはそれ独自の時間の軌跡があり、身体とは独立して存在しており、何百万年も前にさかのぼるものであるという、驚くべき発見へと至りました。さらに、またL. ロン ハバードが発見したように、このセータ・ライン上での特定の出来事は、あらゆるケースに共通のものだったのです。

結果、人間に関する新しくて革命的な見方が現れました。肉と骨だけの動物としてではなく、その起源がまさに時間の始まりにまでさかのぼる不滅の存在としての人間です。当時L. ロン ハバードが言ったように、「人間がどこから来たのかを見付け出し、どこへ向かっているのかを見付け出し、なぜ自分が知っていることを知っているのか、自分は何をしようとしているのかを見付け出すことは、もちろん、人がなし得る最大の冒険です。」

ウェスタン・ユニオン電報が、カンザス州ウィチタ協会のオフィスで受け取られましたが、その冒険が来るという気配は全くありませんでした。それにはただこう書かれていました。「プロフェッショナル・コースとしての一連の講演を行います。3月3日開始。このシリーズは今日までに存在しているダイアネティックス全体を網羅します。」しかし、集まった生徒たちは、L. ロン ハバードが、世界を永久に変えることになった6つの言葉で講演を始めた時、自分たちが新しい領域に入り込んでいくのを知りました。「これはサイエントロジーのコースです。」

このように、この全く新しい主題について過去初めてのコースが始まりました。そして、このシリーズを構成するその後20回以上の講演の中で、L. ロン ハバードはサイエントロジー、その広大な範囲、それが向かう先について述べただけでなく…彼は全軌跡の発見についても詳細に述べ、すべてのビーイングにとって共通の、ある特定の出来事を徹底的に調査しました。OTの能力を抹消し、パワフルなセイタンの種を堕落させるのに十分なほど邪悪な出来事です。彼はそれをファクシミリ・ワンと呼びました。

コースが終わる頃には、卒業生たちの目の前には、広く開けた地平線が広がっていました。「一度きりの人生」という嘘は、打ち砕かれました。L. ロン ハバードが言ったように、「それは、死刑囚を独房から連れ出して『ほら、太陽の光だ! 』と言うようなものです。」

ですから、ここにサイエントロジーの起源があります。人類に、自分自身の真の精神的本質に対して、揺るぎない確信を与える方法です。