宇宙の創造についてサイエントロジーはどのような宗教的信条を持っていますか?

宇宙の創造についてサイエントロジーはどのような宗教的信条を持っていますか?

世界の宗教の多くは、世界の創造についての見解を持っています。ヒンドゥー教や仏教のようないくつかの宗教は、宇宙を本質的に始まりも終わりもない永遠とみなしています。聖書の最初のいくつかの編には宇宙の創造についての説明が含まれます。キリスト教の教義の中には、それらを寓話的と見なすものもあれば、文字通りの事実と見なすものもあります。その他の宗教には他の見解がありますが、それぞれが私たちはどこから来て、それはどのように起こったのかという究極の問いを説明しようとしています。サイエントロジーでは、これはセータMESTを創造しているという理論から生まれます。「セータ」とは、生命力、または精神のことです。「MEST」とは、物質宇宙を表す造語で、物質(Matter)、エネルギー(Energy)、空間(Space)と時間(Time)のことです。実際、宇宙の創造は、その理論に欠かせない一部であると言えます。サイエントロジーにおけるセータの起源と物質宇宙の創造は、1953年にL.ロン ハバードが書いた「因子」で説明されています。