サイエントロジーの「ブリッジ」とは何ですか?

サイエントロジーの「ブリッジ」とは何ですか?

人間が到達できる、より高い存在の状態はいくつもあります。そうした状態は、サイエントロジーを通じて達成されます。L. ロン ハバードは、これらの状態を正確に説明しました。その上で、高い状態へと昇っていく道筋の各段階を示した図表をまとめ、どうすればそのような状態に到達できるかを明確にしました。

精神的向上への各段階を示すこの図表は、「クラス、グレード、意識のチャート」と呼ばれています。クラス(等級)とは、サイエントロジーのトレーニングを指すものです。どのレベルにおいても、人がオーディターとしてそのレベルに達したと見なされ、次のクラスに進むことが許される前に、一定の行為を実際に行ったり一定の技能を身に付けることが求められます。そのため、クラスと呼ばれます。グレード(段階)とは、サイエントロジーのオーディティングで起こる精神的な向上の各段階を表します。

人間が古くから思い描き、受け継いできた宗教的なビジョンがあります。自分が今存在するところと、より高い存在の状態との間は深い峡谷で隔てられているが、その峡谷を渡るブリッジ(橋)があるというものです。残念ながら、その深い峡谷を渡ろうと試みた者の多くは奈落の底へと落ちてしまいました。

実は「クラス、グレード、意識のチャート」はこの比喩を使ったもので、この峡谷の上に架かっていて、人間をより高い状態へと導いてくれるブリッジを表しています。これは人間が1万年以上は抱いてきたビジョンですが、このチャートに示された段階に従って進んでいくことで、今では達成できるのです。

このチャートは、個人がサイエントロジーを初めて認識したところから、さらに高い状態それぞれに進んでいく上での指針です。人間は、このような指針をかつて手にしたことはありませんでした。これが「完全なる自由へのブリッジ」です。これがその道筋です。それは正確なものであり、進んでいく過程も明確に定められています。この道を歩んでいけば、人は自由になります。