優秀で熟練した管理者の信条

優秀で熟練した管理者の信条

リーダーシップとは、非凡な個人が持つ稀少な才能です。L. ロン ハバードは、彼が開発した経営技術の一部として、教会の役員と管理者たちに一連の指針を示しました。その目的は、彼らが自らの権限を知性をもって適用するだけでなく、彼らのグループの成功と繁栄を可能にする健全な指導力をも発揮できるようにすることでした。この信条に従うことによって、サイエントロジー教会の管理者だけでなく、ビジネスや国といった他のグループのリーダーもより成功することができます。この信条は、1951年にL. ロン ハバードによって書かれました。

効果的になるために、また成功するために、管理者は以下を必要とします。

1. 自分が管理するグループの目標と目的を可能な限り完全に理解すること。彼は目標設定者が予見した目標の理想的な達成を心に描くことができ、受け入れることができなければならない。自分のグループとそのメンバーが実質的にさまざまなことを達成し、向上する能力を持っていることを受け入れ、それを改善することができなければならない。彼は、常に、「理想」と「現実」の間に存在する大きな隔たりを縮めるように努めなければならない。

2. 彼の第一の使命は、理想と倫理、そしてそれらの目標と目的を、完全かつ誠実に、部下やグループに自ら解説することであると認識しなければならない。彼は、創造性と説得力をもって、自分の部下、グループ、そしてグループの個々人をこれらの目標へ向かって導かなければならない。

3. 彼は、その組織を進んで受け入れ、もっぱらその組織全体のために行動し、決して派閥を形成したりそれらをひいきにしてはならない。そのグループの個々人に対する彼の判断は、もっぱらグループ全体に対する彼らの価値に基づかなければならない。

4. 彼は、計画と実行において、そしてジャスティスの行使において、グループの益のために個人を犠牲にすることを決して躊躇(ちゅうちょ)してはならない。

5. 彼は、確立されているすべてのコミュニケーション・ラインを守り、また必要なところではそれらを補わなければならない。

6. 彼は、自分の管理下にある親愛の情のすべてを保護しなければならず、彼自身がグループ自体に対する親愛の情を持っていなければならない。

7. 彼は、常に最高の、創造的な現実性に到達しなければならない。

8. 彼の計画は、目標と目的という観点から、グループ全体の活動を達成させるものでなければならない。彼は、決して組織が成長し無秩序に広がるままにはせず、しかし、試験的な試みから学びながら、組織の計画を最新に、また柔軟性のあるものに保たなければならない。

9. 彼は、そのグループの本義を自分自身の内に認めなければならず、データを受け取り、評価し、そのデータの真実性に対して最大の注意を払いながら、そこから解決策を導き出さなければならない。

10. 彼は、自らをそのグループに奉仕するものとしなければならない。

11. 彼は、自分が必要とするものについて十分な奉仕を受けること、自らの努力を効率的に使用すること、彼の信条が高く維持されるように快適さを享受することを自分自身に許さなければならない。

12. 彼は、自分の真の考え、そして決定の理由すべてが、部下によって彼らの管理する領域に可能な限り明確に伝達されることを要求しなければならない。それが拡張され、解釈されるのは唯一、部下によって管理される個々人のさらに深い理解を得るためだけである。

13. 彼は、グループの活動の拠り所となる理想と倫理のいかなる部分も歪めたり、ごまかすことを自分に許してはならない。またその理想と倫理が古くなり、時代遅れになり、役に立たなくなることを許してはならない。自分の計画が部下によって歪められたり、批判されることを決して許してはならない。彼は、グループの個々のメンバーの理想と倫理が堕落することを決して許さず、常に理性を用いてそのような堕落を阻まなければならない。

14. 彼は、目標を信じ、自分自身を信じ、そのグループを信じなければならない。

15. 彼は、常に創造的で建設的な副次的目標を明示することで導いていかなければならない。脅しと恐怖によって駆り立ててはならない。

16. そのグループのあらゆる個人が、他の人や、人生、物質宇宙の管理にいくらかは従事していること、またこの規律の範囲内における管理の自由は、下位の管理者すべてにも許されるべきだということをはっきりと認識しなければならない。

このように振舞えば、管理者は自分のグループのために、どのような帝国をも得ることができます。