サイエントロジストの規律

サイエントロジストの規律

サイエントロジストの規律は、1954年に初めて発行されました。L. ロン ハバードはこの規律の中で、社会改革を通じて人権と正義のために戦う指針をサイエントロジストに提示しています。これは地域社会で活動するサイエントロジストにとって不可欠な規律です。この規律は1969年に改訂され、1973年に再度改訂されました。ここにその最終版を掲載します。

私は、サイエントロジストとしてすべての人々の恩恵のためにサイエントロジーの規律に従うことを誓います。

1. サイエントロジスト、一般の人々、そして報道機関が、サイエントロジー、精神衛生の世界、そして社会に関して常に正確に知っているようにしておくこと。

2. 私の家族や友人、グループ、そして世界を助けるために、サイエントロジーについて知っている限りの知識を、私の力の及ぶ限り使用すること。

3. 私が正直なところ助けることができないと感じるいかなるプリ・クリアーやグループも、プロセシングのために受け入れることを拒否し、また彼らからお金を受け取ることも拒否すること。

4. 生命や人類に対するありとあらゆる虐待を撲滅するために非難し、また可能なすべてのことを行うこと。

5. 精神衛生の分野において、肉体を害するような心身の修養をすべて明るみに出し、その廃止を助けること。

6. 精神衛生の分野の浄化と、その浄化された状態を保つ手助けをすること。

7. 精神医学の乱用と残忍性を根絶することによって、その領域に安全で安心な雰囲気をつくり出すこと。

8. 人権の分野において、真の人道的な努力を支持すること。

9. すべての人に対して平等な、ジャスティスの方針を進んで受け入れること。

10. この世界の言論の自由のために活動すること。

11. 人類の助けとなるであろう知識、知恵、哲学、あるいはデータに対する抑圧を積極的に非難すること。

12. 宗教の自由を支持すること。

13. サイエントロジーのオーグおよびグループが、一般のグループと手を結ぶ手助けをすること。

14. 受け手が理解でき、使うことができる基準でサイエントロジーを教えること。

15. 人文科学において、すべてのサイエントロジーの適用とそのさまざまな形でのサイエントロジーを哲学として使う自由を強調すること。

16. サイエントロジーのオーガニゼーションにおけるエシックスとプロセシング、そして管理運営という点で、適用する活動として規範的かつ不変であるサイエントロジーを主張すること。

17. サイエントロジーの、世界への影響力に対する私の責任の一端を担うこと。

18. 世界中でサイエントロジーの数と力を増大すること。

19. サイエントロジーの有効性と英知の模範を示すこと。

20. この世界をより正気でより良い場所にすること。