適用の重視

適用の重視

トレーニングは、サイエントロジーの技術を学ぶ方法です。技術とは、使用するものです。知識とその知識を実際に適用することとは別のものです。トレーニングを積んだ人は、人生における自分の状態を実際に向上させるために、サイエントロジーで知ったさまざまな真実を適用できるようになります。

サイエントロジーの実践では、適用を重視します。父親と息子の関係を元通りにしたり、未亡人の悲しみを和らげたり、破局しつつある夫婦関係を修復したりするには、実際にどうしたらいいのでしょう? 他の宗教や手法では、信仰を維持しなければならないとか、お互いの相違点を認め合わなくてはならないとか、立派に堪え忍ばなくてはならないといった考えを支持します。しかし、そういった忠告は、たとえ善意からであったとしても、実際に変化をもたらすのでしょうか?

サイエントロジストが、人間関係を向上させる手段を教えてくれるサイエントロジーのコースを受講したとします。この場合、その人は実際に人間関係についての理解を得ます。また、それと同様に重要なことですが、理解したものを実際に使う技能を身に付けます。

あるサイエントロジストが、自分の友人が離婚の危機を迎えているという状況に遭遇したとしましょう。トレーニングされたサイエントロジストは、結婚が(どんな結婚でも)うまくいかなくなる理由をすでに知っています。彼は、夫婦間の良いコミュニケーションが途絶えるのはなぜか、どのように愛情が低下するのかを理解しています。これを知っているので、夫婦関係を救うために効果的な手を打つことができるのです。彼は、別居している夫と文句ばかりの妻との間にコミュニケーションを取り戻させる方法や、夫婦間の裏切りによって消えかかっている愛を再燃させる方法を知っています。

サイエントロジーのトレーニングは、他では得られないものを教えてくれます。すなわち、実生活のさまざまな状況に対処する、本当に有効な手段です。プリ・クリアーとしてオーディティングを受けただけの人は、自分自身の結婚に関する問題点の一部は理解するかもしれませんが、それについて完全に理解するわけではありません。まして、他の人たちが彼らの問題を理解するように助ける技能など持っていません。

ですから、サイエントロジーの実践には、サイエントロジーの原理についてのトレーニングから知識を修得することが必ず含まれています。この主題を学ぶことによって、人はサイエントロジーの哲学を自分のものとして身に付け、それによって自分自身と他の人の人生を向上させられるようになります。