人間の飽くなき探求

人間の飽くなき探求

何千年にもわたって、人間は尋常とは言えないドラマを繰り広げ、「他の人」という謎を解き明かすことで自分自身を知ろうと、探求を続けてきました。それは、哲学と宗教のみならず、戦争と征服の中にさえ見出すことができます。この驚くべき事実を解き明かす中、L. ロン ハバードは、謎を解き明かすことにつながった、欠けていた要素を明らかにしていきます。そしてその知識によって、個人と人類にとってこれまでに達成することのできなかったレベルの成功が可能になるのです。 続きを読む

購入する
¥1,900
数量
言語
送料無料 現在、送料無料。
在庫あり
24時間以内に発送されます
形式:
コンパクト・ディスク
講演:
1

ビデオ

Excerpt

gcui_scientology_videos:video_node_classicsquote_relentless_title

詳しい情報 人間の飽くなき探求

「他の人は何から構成されているんでしょう? その他の人は何なんでしょう?

哲学者は、その疑問に答えなくてはなりませんでした。そして、それは哲学者が、満足の行くように答えたことが一度もない疑問です。それは、サイエントロジーで満足の行くように答えられたひとつの疑問です。」
― L. ロン ハバード

何千年にもわたって、人間は尋常とは言えないドラマを繰り広げ、「他の人」という謎を解き明かすことで自分自身を知ろうと、探求を続けてきました。それは、哲学と宗教のみならず、戦争と征服の中にさえ見出すことができます。

その猛烈な探求にもかかわらず、いえ、むしろその猛烈な探求ゆえに、何世紀にもわたって失敗が繰り返され、人間にとって問題はその深刻さを増していきました。人間は、捨て鉢になった挙げ句、遂にはその探求をすっかりあきらめてしまいました…正確には1879年のことです。そして、そうした失敗から生じた空白に、新たな破壊的理論が入り込みました。つまり、「他の人たち」は、脳や血液、筋肉の塊であると同時に、環境に対して反応することはあってもそれを征服することのできない、刺激-反応のメカニズムにすぎないという理論です。この考え方が優勢になるにつれ、個人を尊重する気持ちは薄れ、人類全体の自尊心と目的も衰えていきました。

この驚くべき事実を解き明かす中、L. ロン ハバードは、人類の壮大な探求がこれほど長きにわたって失敗を繰り返してきた理由を説明すると同時に、最終的な成功をもたらし、「他の人」という謎を解き明かすことにつながった、欠けていた要素を明らかにしていきます。今日、人は仲間の人間に関する真実を知ることで自分のことを理解することもできるのです。そしてその知識によって、個人と人類の持つ尊重の気持ち、自尊心、そして目的の回復だけでなく、これまでに達成することのできなかったレベルの成功が可能になるのです。