研究と調査の歴史

研究と調査の歴史

L. ロン ハバードは、人間の精神の分野における、人類の研究と調査の歴史を探ります。機械技術が優勢になっても、それと並行して、宗教を日常生活に適用する段階に引き上げるようなものは何も現れていませんでした。したがって、個人にとっても人類にとっても、サイエントロジーの登場には重要な意味がありました。これは技術の適用によって、人生で日々使うことのできる、効果のある解決策を提供する、初の実践的宗教だからです。 Read More 

buy
$15 USD
数量
言語
Free Shipping Currently eligible for free shipping.
In Stock
Ships within 24 hours
Format:
Compact Disc
Lectures:
1

Videos

Excerpt

gcui_scientology_videos:video_node_classicsquote_research_title

More About 研究と調査の歴史

「宗教は、人間の精神に関する技術を持っていなかったら、ひどく道に迷うことでしょう。宗教が実践的、日常的なものになるためには、人間の精神に関する技術を持つことが必要不可欠です。」 ― L. ロン ハバード

今日、全人類を絶滅させるほど強力な兵器が存在します。そして、人の命を顧みないような暴力が巷に溢れています。どうしてそこまで道徳の責任感が下がってしまったのでしょう? そして、とても重要なことに、それに対してどのような手を打つことができるのでしょう?

そういった問いに対する答えを出すために、ハバード氏は、人間の精神の分野における、人類の研究と調査の歴史を探ります。過去の時代にはよく知られていても、今日ではほとんど知られていない、多くの驚くべき現象について彼が説明すると、あることが明らかになります。それは、機械技術が優勢になっても、それと並行して、宗教を日常生活に適用する段階に引き上げるようなものは何も現れなかったということです。その結果、現代的な研究は精神を完全に否定して、代わりに、個人を良識も価値観も持たない、単なる刺激-反応のメカニズムとして扱うようになったのです。

したがって、個人にとっても人類にとっても、サイエントロジーの登場には重要な意味がありました。これは技術の適用によって、人生で日々使うことのできる、効果のある解決策を提供する、初の宗教だからです。その技術によってIQの向上が可能になり、個人の力と能力は向上し、思いやりと良識を取り戻すことができます。そこから、より明るい未来が確実に訪れるのです。