発動機船フリーウィンズ

発動機船フリーウィンズ

フリーウィンズは、1988年にサイエントロジー教会の宗教的な静養所として就航しました。全長135メートルのこの船は、教会員がサイエントロジーでは最も高度なレベルの文献を学び、最高レベルの宗教カウンセリングを受けられるように、外部の雑音が一切ない環境を提供する場となりました。