フロリダ州クリアウォーター

教会がクリアウォーター市の2棟の建物を素晴らしい名所に一変。

クリアウォーターのサイエントロジー教会は、世界における精神的中心地、フラッグにて新施設の落成式を行いました。

2016年6月25日の土曜日、3,000人のサイエントロジストとその友人や家族たちがクリアウォーターの中心街に集まり、教会の最新の拡張を示す2棟の建物のオープンに立ち会いました。

ウエスト・コースト・ビル、およびフラッグ・クルー管理運営ビルの落成式で、サイエントロジー教会の指導者であるデビッド・ミスキャベッジ氏は、次のように述べました。「これは私たちの国際的な精神の拠点であるフラッグ・ランドベースの要であり、管理運営拠点です。 というのも、この市全域に50を超える施設と、総床面積約30万平方メートルを管理するのに見合う運営ビルが必要になったからです。 これこそがこの組織を動かし続けているものです。」
 

多くの人々がウエスト・コースト・ビルと、リー・アーノルド・ビルとして知られていたフラッグ・クルー管理運営ビルの落成式に参列し、2本のリボンカットが同時に行われました。

この落成式で、サイエントロジー教会指導者であるデビッド・ミスキャベッジ氏は、次のように述べました。「これは私たちの国際的な精神の拠点の管理運営本部であり、フラッグ・ランドベースの要です。」 というのも、この市全域に50を超える施設と、総床面積約30万平方メートルを管理するのに見合う運営ビルが必要になったからです。 「これこそがこの組織を動かし続けているものです。」

それら2棟の建物は、都市中心部のフォート・ハリソン大通りに面した、広々とした敷地にあります。 これらの建物はフラッグの主要な管理運営施設です。

ウエスト・コースト・ビルは、フラッグ・ランドベース全域の継続的な拡張を計画し、実施する教会の管理運営本部です。 このビルには、クリアウォーター地域における教会の社会改善活動を調整する数々のオフィスもあります。

1927年に建てられた総床面積約5,000平方メートルのウエスト・コースト・ビルは、元々、ウエスト・コースト・ホテルと呼ばれ、フロリダ州における最高級ホテルのひとつでした。 同ホテルは、ミス・フロリダ美人コンテストなどのイベントを主催したり、野球チームのフィラデルフィア・フィリーズ春季キャンプの宿泊施設となっていました。 教会は1981年に同ホテルを購入しました。

ウエスト・コースト・ビルの歴史的要素は、その独特の外観や装飾的な鉄製の花籠から、伝統的な12枚の小型ガラスからなる格子窓に至り、そして、本来のテラゾ材の床や、優雅なロビーの天井梁に使われているマホガニー材から、緑色のレンガ屋根や外壁に設置された日よけに至るまで細心に復元されました。

フラッグ・クルー管理運営ビルは、60ヵ国から訪れる教会員たちによって「フラッグ体験」として知られる運営をしている所です。そこでは、歴史的建造物であるフォート・ハリソンや、オーク・コブ、サンドキャッスルなど、トップクラスの宿泊施設の料理人たちが数十の教会員用のレストランやカフェを運営しており、毎年2万7,000人以上の宿泊客に晩餐会や会合を提供しています。 フラッグは1975年にはフォート・ハリソンとクリアウォーター・バンクという、2棟の建物だけでしたが、現在では、それが55棟にまで拡大しました。 そして、フラッグ・クルー管理運営ビルのスタッフたちによって、フラッグにおけるすべての運営は常に最高のレベルに保たれています。

総床面積約6,300平方メートルのフラッグ・クルー管理運営ビルは1958年に建てられ、クリアウォーター図書館を含む、市の中心街にあるさまざまなビジネスや組織がこのビル内にありました。 同ビルの外観は年月と共に衰えましたが、教会が2013年に同ビルを購入し、元のすっきりした特徴を復元しました。

12ヵ月間の拡張

1年前、教会は市内で最も歴史的価値のある建造物のひとつとされている、クリアウォーター・バンクのビルを完璧に修復しました。 現在、そこには魅力的な情報センターがあり、サイエントロジーやダイアネティックス、およびその創設者であるL. ロン ハバードについて、視聴覚展示物を通して紹介しています。

これと同時に、教会はフォート・ハリソン通りに並ぶ6棟のビルを完全に修復し、オープンしました。各ビルは世界規模の人道支援活動に取り組み、クリアウォーターの改善に努力しています。その内訳は、サイエントロジー・ボランティア・ミニスター、市民の人権擁護の会(CCHR)ユナイテッド・フォー・ヒューマンライツ薬物のない世界のための財団しあわせの道クリミノンから構成されています。 この落成式では、オセオラの中庭も披露されました。フォート・ハリソンとドルー通りの角に位置するこの中庭は、美しい緑のオアシスとなっており、ここでクリアウォーター地域社会におけるイベントも行われます。

また11月には、地域社会改善の名の下、新しいモデルとしてナルコノン・サンコーストが市の中心部から北へわずか数分の所にオープンしました。その敷地は7.5エーカーです。 薬物リハビリテーション・センターはハバード氏によって開発された画期的な技術を活用し、その数が増大している施設のひとつです。

今年の4月には、改装されたアプライド・スカラスティックス地域学習センターが同市にオープンしました。 新しいモデル個別指導センターでは、L. ロン ハバードの研究と著作に基づいた読み書きプログラムを提供しており、クリアウォーターの住民すべての向上を目標に掲げています。


フラッグ・ランドベースにおけるここ数年の継続的な拡張には以下が含まれます。

  • サイエントロジー教会の大聖堂といえるフラッグ・ビル(総床面積約35,000平方メートル)の落成。
  • コーチマン・ビルは修復され、フラッグにおける約2,400人の教会員たちのための宗教トレーニング、およびカウンセリング・センターとして生まれ変わりました。 同ビル内では、クリアウォーターの過去の歴史を物語る写真や物品が窓に飾られており、人気を呼んでいます。
  • 最高級宿泊施設であるフォート・ハリソン・ホテル(総床面積25,000平方メートル)は100万時間の労力が費やされ、改修工事が完成。
  • フォート・ハリソン・ホテルに隣接した公共遊歩道公園、フォート・ハリソン・パーク(3,500平方メートル)のオープン。
  • 13階建てのオークコーブ・ホテル(16,000平方メートル)が当地を訪れるサイエントロジストのための高級宿泊施設として落成。
  • 上級レベル向けの宿泊施設、サンドキャッスル・ホテル(12,000平方メートル)の改修工事の完了。
  • 宿泊施設、オセオラ・ホテル(4,100平方メートル)の改修工事の完了。
  • フラッグビル、および建設予定のL.ロン ハバード会議センター用に3階建ての駐車場(13,000平方メートル)の建設。
  • 8棟のビルから成るマンション施設が、サイエントロジー教会の職員のために開設。
  • さらに、サイエントロジー教会の職員用の8棟の居住施設も改修。


サイエントロジーは、この10年間で、それ以前の50年間を合わせたよりも大きな拡張を経験しています。 新しい理想の教会オーガニゼーションの数は、2016年4月にオープンしたジョージア州アトランタの理想のオーグを含めて現在51となっています。 さらに新しい教会が今後、数週間から数ヵ月の間にオープンする予定です。ハンガリーのブダペスト、ニューヨーク市ハーレム、オーストラリアのシドニー、ニュージーランドのオークランド、そしてカリフォルニア州サンディエゴなど。