サイエントロジーの結婚式はどのようなものですか?

サイエントロジーの結婚式はどのようなものですか?

結婚は、ほぼあらゆる宗教と文化において神聖な儀式とされています。結婚という神聖な約束は、安定した家族の基盤、あらゆる社会の基礎を形づくるものです。したがって、新郎新婦が誓いを立てるということは、自分たちの結婚の基礎を築くだけでなく、地域社会全体の基盤を築くことにも寄与するものです。

サイエントロジストは、結婚を(8つのダイナミックスのうちの)第2のダイナミックの一部と見なします。第2のダイナミックにはセックス、つまり子供をもうけ、育てることが含まれます。

サイエントロジー宗教での結婚式は、略式から本式まで何種類かある結婚式のひとつを選んで執り行われます。これらの儀式には、伝統的な忠誠と献身の誓いが含まれています。このリンクでサイエントロジーの結婚式の内容を見ることができます。

サイエントロジーの結婚式は、サイエントロジーの聖職者により、他の教会と似た式次第に沿って執り行われます。新郎新婦の入場があり、新郎の介添え人、新婦の介添え人といった伝統的な役割があり、家族や友人たちの座席配置も伝統に従っています。

サイエントロジーの結婚式は、新しい結び付きを祝う喜びに満ちた儀式です。

サイエントロジーには、結婚を含めあらゆる人間関係に役立つ実用的な知識があります。サイエントロジーの結婚式それ自体が、実りある関係を確かなものにするまさにその要素を重視したものです。その要素とは、親愛の情、現実性、コミュニケーションです。これは理解を構成する要素です。これはサイエントロジーの基本原理のひとつです。

A-R-Cの概念は三角形で表現されます。サイエントロジストはこれをARCの三角形(「エーアールシーのさんかっけい」と読む)と呼んでいます。この三角形の最初の角は「親愛の情(affinity)」と呼ばれます。この言葉は、ここでは「愛、好意、またはその他のあらゆる感情的な態度」を意味します。

2番目の角は「現実性」と呼ばれます。現実性は「そのように見えるもの」と定義することができるでしょう。現実性とは、根本的に同意です。私たちは、現実的なものと現実的でないものについて、互いに同意するのです。

3番目の角は「コミュニケーション」です。人間関係の仕組みを理解する上では、コミュニケーションの方が親愛の情や現実性よりも重要です。

三角形のこれら3つの角は互いに関係しており、他の角に影響を及ぼすことなくひとつの角だけを上げたり下げたりすることはできません。それはこういうことです。比較的高い好意と、何らかの同意がなければ、コミュニケーションは存在しません。コミュニケーションと、何らかの感情の反応がなければ、現実性が存在することはあり得ません。何らかの同意とコミュニケーションがなければ、親愛の情が存在することもあり得ません。

まとめると、親愛の情、現実性、コミュニケーションは、理解の構成要素であると考えられます。

すぐにわかることですが、これは結婚のような親密な関係には不可欠なものです。結婚したふたりが、お互いに高いレベルのコミュニケーションと親愛の情を維持すれば、結婚生活(つまり現実性)を向上させることができるでしょう。コミュニケーションが減り、共通の同意が失われれば、互いを思う気持ちも薄れ、最終的に結婚は解消されます。

こういったサイエントロジーの基本原理は、結婚するふたりに、実りある関係を築くのに役立つ実用的な知識となります。