親愛の情、現実性、コミュニケーション(ARC)

理解を構成するもの

親愛の情、現実性、コミュニケーション(ARC)

サイエントロジーには非常に重要なもうひとつの知識があります。対人関係に大変役に立つものです。それは、「親愛の情(Affinity)、現実性(Reality)、コミュニケーション(Communication)の原理」です。この3つの要素は互いに依存し合っており、三角形で表すことができます。

その三角形の第1の角は「親愛の情」です。これは、好意や愛情、またはその欠乏の度合いです。物や人に対して、愛しているまたは好きだという感情です。

ARCの三角形の第2の角は「現実性」です。これは「そのように見えること」と定義付けることができるでしょう。現実性とは根本的に同意です。私たちが現実であると同意するものが現実なのです。

ARCの三角形の第3の角は「コミュニケーション」です。これは「2人の人間の間で考えや物をやり取りすること」と定義されます。人間関係においては、この角が三角形の他の2つの角よりも重要になります。

この三角形の相互関係は、「怒っている人と話をしようとしたことがありますか?」と尋ねればすぐに明らかになります。比較的高い好意と、何らかの同意がなければ、コミュニケーションは存在しません。コミュニケーションと、何らかの感情の反応がなければ、現実性が存在することはあり得ません。何らかの同意とコミュニケーションがなければ、親愛の情が存在することはあり得ません。

このように、上記の3つの要素は三角形になっています。三角形の2つの角がなければ、第3の角もありません。どの角であれ、この三角形の1つの角を望むのであれば、他の2つの角も含めなくてはなりません。