サイエントロジーで行われる葬儀はどのようなものですか?

サイエントロジーで行われる葬儀はどのようなものですか?

身体は滅びても、魂は不滅であるというのがサイエントロジーの信条です。また、聖職者には後に残された人の心を癒すという役割があります。それゆえ、葬儀は、過ぎ去った生命のサイクルに終わりを告げ、未来に注意を向けるために行われます。より重要なことは、サイエントロジーの葬儀は、亡くなった人が今回の生涯に区切りを付け、次の生涯へと移行するのを手助けするものであるということです。

サイエントロジーの知識は豊富であり、それは人がより幸福で、より実り多い人生を送るのに役立ちます。その人生が終わりを迎えた際にも、この宗教は、その人が可能な限り良い状態で人生を終え、新しい人生へと進むのを助けることができます。

身体が衰え、死ぬというのは真実です。とはいえ、存在そのものは決して死なないということも真実です。サイエントロジーの葬儀は、この真実を明示し、人間本来の在り方に対する深い理解をもたらしてくれます。

サイエントロジーの葬儀は、身体を離れた人の生涯を記念する式典です。これは、友人や家族の人たちが故人に別れを告げ、その人がその人生で行ったことを称え、感謝するとともに、その人が次の人生に歩み出すにあたって前途を祝福する機会となります。この式典は、私たちが不滅の精神的存在であるという認識を新たにするものです。

このリンクでサイエントロジーの葬儀の内容を見ることができます。