サイエントロジー教会公式ウェブサイト:デビッド・ミスキャベッジ – 世界的な人道支援活動を先導する

デビッド・ミスキャベッジ | 人物紹介
世界的な人道支援活動を先導する

ハバード氏は、人は精神的に自由になることで人々を理解するようになるという信念と、精神的な自由は人間同士の理解によって達成されるという信念を常に持ち続けていました。まさにこの視点から、ミスキャベッジ氏はハバード氏による社会改善の手法を世界中の人々に広めるために、休みなく活動しています。ミスキャベッジ氏はそうした活動を通じて、人間を悩ませる最も深刻な問題…薬物乱用、識字率の低下、不道徳、自然災害や人為的な破壊行為に対抗するL. ロン ハバードの技術をもたらしています。そして、サイエントロジストを導いて、彼らがそうした問題に献身的に取り組むように促しているのです。(参照:惑星規模の社会改善キャンペーン

ミスキャベッジ氏は、こうした広範な規模の人道支援運動のリーダーです。氏の指導により、サイエントロジー教会はこれらの活動それぞれの国際拠点の設立を後援しました。そうした中央施設のひとつに、米国オクラホマ州にある「ナルコノン・アローヘッド」があります。ここは、薬物リハビリと防止に関する世界規模のネットワークである「ナルコノン」の本部施設として、2001年に設立されました。アローヘッドは、滞在型の薬物リハビリ施設としては世界最大級の施設です。また、薬物リハビリのスペシャリストをトレーニングする国際的な研修施設でもあります。

識字率の低下に対するL. ロン ハバードの解決策を広く普及するのが「アプライド・スカラスティックス」です。その国際本部とトレーニング・センターは、2003年にミズーリ州の100エーカーのキャンパスにオープンしました。これまでに、40ヵ国の教師たちがこのセンターで訓練を受けました。訓練を積んだ教師たちは、ハバード氏が開発した「勉強の技術」を67ヵ国、830もの学校やグループを通じて提供し、それぞれ例外なく読解力のレベルを著しく伸ばしています。

現代社会では個人についても組織に関しても全般的なモラルが著しく低下しています。この状況に取り組むために、2003年にカリフォルニア州グレンデールに「しあわせへの道財団」の国際本部が設立されました。同財団を通じて、良識のみに基づく道徳の指針『しあわせへの道』が、95の言語で出版され、150を超える国々で8500万部以上が配布されてきました。その活動を通じて、個人と社会の幸福や調和を促進するという成果がもたらされています。

社会改善のためのこれらの施設に加え、ミスキャベッジ氏の指導により、人道支援のためのさまざまな企画が世界規模で推進されています。これらはすべて十数種の言語に対応し、誰もが自由に参画・享受できるようになっています。こうした人道支援活動には、民間では世界最大規模の薬物教育・防止キャンペーンである「真実を知ってください:薬物」、国連世界人権宣言の30条項を普及する人権教育キャンペーン、世界各地で災害時の救援活動を行う「サイエントロジー・ボランティア・ミニスター」などがあります。(参照:真実を知ってください:薬物人権サイエントロジー・ボランティア・ミニスター:必要とされる時、必要な場所に援助をもたらす

ミスキャベッジ氏は、こうした活動をはじめとする数多くの事業を通じて「人類が緊急に必要としている助けを広範にもたらす」というL. ロン ハバードの意図を実現しています。その過程で、氏はいくつもの世界的な人道支援活動を企画・提供してきました。サイエントロジストたちはそうした活動を支援することをこの上なく誇りに思っています。

わずか四半世紀の間に、サイエントロジーは急速に、また非常に広い範囲に発展しました。ミスキャベッジ氏が決して妥協することなくL. ロン ハバードの構想に忠実であり続けたことが、そうした発展を促したと言えます。それにより、今後もこの宗教が成長することが保証され、最終的に「誰もがより高い境地に至ることのできる世界」がもたらされるでしょう。

それこそがL. ロン ハバードの夢であり、それを実現させているのがデビッド・ミスキャベッジなのです。