サイエントロジー教会の公式サイト:デビッド・ミスキャベッジ ― 拡張の新時代を築く

デビッド・ミスキャベッジ | 人物紹介
拡張の新時代を築く

デビッド・ミスキャベッジは、サイエントロジー教会に属する何百万もの教会員のために働くという責任を担っています。ミスキャベッジ氏は、教会員とこの宗教のために、たゆみなく奉仕し続けています。彼が陣頭指揮を執った輝かしい成長の期間は、まさにサイエントロジー宗教のルネサンスと呼べます。

ミスキャベッジ氏は、地域社会にさらに貢献できるようにすべてのサイエントロジー教会を拡張させるという、世界規模のプログラムの立役者として、新しいタイプのサイエントロジー教会の建設を主導しました。これらの教会は、あらゆる人に援助を提供する場所として地域に開かれた存在です。また、不寛容、識字率の低下、不道徳、薬物乱用などを食い止める社会福祉事業をサイエントロジストたちが展開するための拠点でもあります。

L. ロン ハバードは、教会が提供する精神性を目に見える形で表しているような教会を築く、というサイエントロジーの目標を次のように表現しています。

「あなたは、凶暴さが支配する世界という海の中に、友好、良識、援助から成るひとつの島をつくろうとしています。…いつかこれらの島々は海になるでしょう。」

この目標を実現するために、ミスキャベッジ氏は2004年に、すべてのサイエントロジー教会を「理想のサイエントロジー教会」にするという目標を掲げたプログラムを開始しました。立地、デザイン、宗教サービスと社会福祉活動の質において「理想」の教会です。

各教会は、教会員と教会周辺の地域社会に住む人々の両方に対して、サイエントロジーの一連のサービスすべてを提供できる設備と空間を用意できるように、独自の設計がなされています。  どの理想の教会にも、ダイアネティックスとサイエントロジーのあらゆる面をマルチメディアで紹介する、大規模な一般向け情報展示コーナーがあります。さらに、図書館やセミナールームに加え、日曜サービスやその他の集会の場として利用できるチャペルもあります。こうした新しい教会の第1弾は、今やマドリード、ロンドン、ベルリン、ニューヨーク、ローマ、ワシントンD.C.、ブリュッセルといった世界の文化的中心地にそびえ立っています。

世界中のサイエントロジストたちが、自らの地域社会の未来のために奉仕する、理想の教会を建設する運動を支援しており、上記以外にも数多くの理想の教会がまもなくオープンの日を迎えようとしています。(参照:デビッド・ミスキャベッジ:拡張の時代をリードする