はじめに

世界規模でまん延する
薬物乱用を根絶する

薬物は単なる社会問題のひとつではありません。 社会のあらゆる階層で、約2億1000万人が違法な薬物を取っています。 毎年、薬物によって約20万人が亡くなっています。

最も深刻な被害をこうむっているのは青少年です。 学校に通う年代の子供たちが、12秒にひとりの割合で違法薬物に手を染めています。 若者の間での薬物使用は過去10年を通じて着実に上昇し、薬物にさらされる層がどんどん低年齢化しているのです。

毎年
2.1億人が
違法薬物を
取っています

薬物乱用は地球規模の問題であり、地球規模の解決策が必要です。そのため、サイエントロジー教会は「真実を知ってください:薬物」プログラムという運動を開始しました。 教会は、このプログラムを誰もが利用できるように広く普及してきました。その結果、現在この運動は、民間では世界最大規模の薬物防止活動となっています。 薬物とは何なのか、どんな作用があるのかといった明確な事実を若者たちに伝えれば、薬物の使用率が顕著に下がることが複数の研究により示されています。このプログラムはその事実に基づいて構築されています。

このために、サイエントロジストたちは政府機関、地域社会の団体、教育機関を通じて、何百万もの人々に「真実を知ってください:薬物」の教育資料を無償で提供する活動を先導しています。

教会とそのメンバーによる最初の大規模な薬物防止活動は、1980年代半ばにヨーロッパで始まった草の根運動「薬物にNo! 生きることにYes!」でした。 またアメリカのサイエントロジストたちは、「薬物のないアメリカへの道を開く」という運動によって一般の人々の意識を高めました。 1990年代後半、ヨーロッパのサイエントロジストたちは、薬物の危険性についてのありのままの事実を紹介する、若者向けの小冊子シリーズを制作しました。 非常に高い需要があったため、教会はこのシリーズを世界的に発行することにしました。

それ以来、教会の後援を通じて何百万部もの小冊子やチラシ、ポスターが配布され、地域社会や学校、教会、職場で何千もの薬物防止教育活動が実施されてきました。

2006年には、非宗教・非営利の公益法人「薬物のない世界のための財団」が設立されました。こうした教育資料の主要な供給者としての機能を果たすとともに、絶えず変化する薬物情勢に対抗するために新しい資料を制作することがその目的です。

現在この財団は、「真実を知ってください:薬物」キャンペーンの実施を監督し、薬物のない世界をつくるという共通の目的によって結び付いたボランティアの国際的ネットワークを調整しています。