ベーシックがダイアネティックスとサイエントロジーへの需要をつくり出す

ベーシックがダイアネティックスと
サイエントロジーへの需要をつくり出す

「ベーシック」の書籍と講演が利用できるようになったというのは、あらゆるサイエントロジストが、サイエントロジー宗教の基礎を成す原理を簡単かつ迅速に、しかも年代順に学べるようになったということです。それにより、この宗教についてかつてないほどの理解が得られ、それを人生に適用できるのです。何千、何万ものサイエントロジストがまさにそうしています。

その影響力を示す目安をひとつだけ挙げると、ベーシックが発表される前の50年間に、ダイアネティックスとサイエントロジーに関するL. ロン ハバードの著作や録音された作品は合計3900万部流通していました。2007年にベーシックが発表されてからわずか2年で、L. ロン ハバードの書籍と講演は6000万部以上流通しました。

ベーシックは15言語で利用でき、その中で最も基本的な文献は50言語で利用できるようになっています。この10年間に翻訳されたダイアネティックスとサイエントロジーの文献を合計すると、それ以前の50年間の10倍に上ります。

しかしもちろん、ダイアネティックスとサイエントロジーの教材の復元と修復の真の意義は、個人個人の人生にどのような影響を与えたかによってのみ知ることができます。その観点から見れば、かつては反抗的だった10代の若者が今では精神的価値観を取り戻し、崩壊していた家庭が今では互いに愛し合い、生活を楽しんでいるといった例が見られるでしょう。  また、知性の向上、幸福感の回復、有能さ、そしていくつもの時代を通じて真の宗教的な経験がもたらしてきたようなさまざまな奇跡的成果、さらには精神的自由そのものの達成といった例も見られるでしょう。  つまり、サイエントロジーの書籍と講演に含まれているのは、宗教において最も強く望まれてきた目標を実現するために何百万もの人々が適用している原則なのです。