サイエントロジーの宗教儀式

サイエントロジーの宗教儀式

サイエントロジーの聖職者は、他の宗教の聖職者や司祭が執り行うのと同様のさまざまな儀式やサービスを行います。

日曜サービス

毎週日曜日、教会のチャプレンまたは他の聖職者は、教会員に対して週ごとのサービスを行います。これは教会員でなくても参加できます。この週ごとのサービスでは、聖職者がサイエントロジーの重要な原理や実践に関連した話をし、それが日常生活にどう当てはまるのかについて述べます。

その講話は通常、人間は精神的存在であるという原則や、8つのダイナミックス、サイエントロジーの原理、またはサイエントロジー教会の信条といったものを扱います。

これらの毎週のサービスは、サイエントロジストを宗教的に活性化することが主な目的ですが、サイエントロジスト以外の人も歓迎され、そうした人たちにもより良い人生への希望を与える場となっています。

儀式

さらに、サイエントロジーの教会員たちは、独自の儀式によって結婚や命名を祝います。また、教会の仲間が亡くなった時は葬式を開いて追悼します。

多くの場合は教会のチャプレンがこれらの儀式を執り行いますが、サイエントロジーの叙任聖職者であれば誰でもその役目を務めることができます。サイエントロジーのサービスはこの宗教の教義に沿って精神を扱うものです。サイエントロジストたちは、こうしたサービスが彼らの求めるものに合っていると見なしているので、この種の行事を特別なものとして大切にしています。