はじめに

地球規模の
ボランティア・ミニスター・プログラムを支援する

ボランティア・ミニスター・プログラムは、1970年代半ばにサイエントロジーの創設者であるL. ロン ハバードによってつくられました。彼はボランティア・ミニスターを「ボランティアとして、目的、真実、そして精神的な価値観を人々の人生に回復させることで他の人たちを助ける人」であると説明しています。

サイエントロジー教会のボランティア・ミニスターは、必要な時に必要な場所へ効果的な援助をもたらします。

ボランティア・ミニスター・プログラムは、どこででも、誰にでも物心両面の効果的な援助をもたらす広範な活動です。 その始まり以来、何万もの人々が、サイエントロジーの基本原理を用いて身体的、心的、精神的な苦痛を和らげ、コミュニケーションから勉強、結婚、子育てに至るまで、人生のあらゆる面を改善する広範な技能を訓練してきました。

そのトレーニングは、他の人々を助けて数々の困難を乗り越えさせ、状態をより良く変えたいと望む、あらゆる人たちに開かれています。

世界中で自分たちの地域社会に奉仕することに加えて、ボランティア・ミニスターは遠く離れた市や町や村にも援助の手を差し伸べます。

さらに当教会は、その地球規模のボランティア・ネットワークの中に常設の「ボランティア・ミニスター災害対策チーム」を設置し、災害発生時にすぐ動員できるようにしています。 このチームのメンバーは、地域社会のリーダー、政府の役人、救援団体や他のボランティア・グループと協力して、自分たちの組織や技能、経験を通じ、物質的な支援や意義ある精神的援助を提供します。

ボランティア・ミニスターはあらゆる大陸で活動しており、民間では世界最大規模の災害救援チームです。

どこでも、誰にでも
援助の手を差し伸べる

国際連合は、最近1年の間に自然災害や人災によって約2億800万人の生活が影響を受けたと報告しています。 災害救援組織の世界最大のネットワークが実際に救援活動を行ったのは、そのうち15パーセントにすぎませんでした。 それ以外はどうなったのでしょう?

国際ボランティア・ミニスター災害対策チームは、そのギャップを埋めるために献身的に取り組んでいます。

さらに見る

思いやりとケア
ニューヨーク 9/11

ボランティア・ミニスター災害対策チームは、2001年9月11日にニューヨーク市で発生した世界貿易センターの惨事から生まれました。

惨事が起きて数時間のうちに、ニューヨークのボランティア・ミニスターたちが現場に駆けつけ、救助隊員に緊急の援助を提供し、混沌状態に秩序をもたらすことを助けました。

さらに見る

希望と助けをもたらす
アジアの津波

2004年12月、東南アジアやインドの海岸を津波が襲いました。

街全体が破壊され、島は水没し、その被害は甚大でした。 直ちに、近くはオーストラリア、遠くはイギリスや北欧、北米や中南米など28ヵ国から600人ものボランティア・ミニスターが駆けつけ、津波の被災者と救助隊員に援助の手を差しのべました。

さらに見る

救助と復興
カトリーナ台風 & リタ台風

2005年、カトリーナ台風とリタ台風がミシシッピ州、アラバマ州、ルイジアナ州一帯を襲い、市や町を破壊し、何千もの人々が家を失いました。災害対策機関は成すすべもない状態でした。

サイエントロジー・ボランティア・ミニスターは、大規模な救助や復旧作業に立ち向かうその地域の人々や緊急作業員に支援を与えるために最初に到着しました。

さらに見る

復旧と再建
ハイチ地震

2010年1月12日午後5時頃、マグニチュード7.0の地震がハイチを襲い、首都ポルトープランスでは建物の半数が破壊され、30万人が死亡、300万人が負傷するか家を失いました。

この地震の直後、世界中から空前の規模の支援が寄せられました。

さらに見る

同胞が同胞を助ける
パキスタンでの洪水救援

2010年7月、大規模な洪水がインダス川流域を襲い、記憶に残る限りパキスタンで最悪の自然災害となりました。

雨季の集中豪雨のためにインダス川がはんらんし、国のほぼ5分の1が水浸しになりました。 この集中豪雨によって、1,700人の命が奪われ、1,400万人が住む家を失いました。

さらに見る

荒廃の中に思いやりの心を広げる
東日本大震災と津波

2011年3月11日、日本を襲ったマグニチュード9.0の地震によって、高さ7メートルの津波が都市や町を一掃しました。この国の歴史上、最も破壊的な自然災害でした。

この災害により、2万人が亡くなり、59万人が住居を失い、440万人が電力供給のない状態で生活することを余儀なくされました。

さらに見る

何か打つ手がある
あらゆる人に援助をもたらす

「ボランティア・ミニスター大行進」 は、世界中の主要都市や辺境地帯に援助をもたらしています。その目的は、災害発生時に、また日々の生活においても人々を支援し、力付けることです。

彼らはロンドンやベルリン、ニューヨーク、ロサンゼルス、メルボルンなど世界の主な大都市だけでなく、アマゾン流域、西アフリカと中央アフリカへも赴きます。

さらに見る

サイエントロジーの技術
フィルムで蘇る

ボランティア・ミニスターのトレーニング用テキストはL. ロン ハバードの作品からまとめられた『サイエントロジー・ハンドブック』です。

現代社会において、個人は複雑な社会、経済、政治の情勢に圧倒され、混乱してしまいがちです。この書籍は、誰もがサイエントロジーの技術をすぐに用いて、そうした状況から自分自身や周囲の人々が抜け出せるようにするために、ハバード氏の監修によって出版されたものです。

さらに見る

生活のあらゆる場面に役立つ解決策
ボランティア・ミニスター・オンライン

ボランティア・ミニスターの援助は、ボランティア・ミニスター・オンラインを通して利用できます。

ここで訪問者は、個別の支援を受けるためにボランティア・ミニスターに結びついたり、「人生に役立つツール」のいずれかを見たり、以下のオンライン・コースのいずれかに登録することもできます。

さらに見る

何百万もの人々に
解決策をもたらす

2010年に、サイエントロジー教会はカリフォルニア州ロサンゼルスに1万6,000平方メートルの広さの国際普及・配送センターをオープンしました。 この巨大な印刷・生産施設は、当教会の後援による人道支援プログラムの教育資料のすべてを制作します。

さらに見る

プログラム実施の
成果

30年以上にわたって、サイエントロジー教会とサイエントロジー・ボランティア・ミニスターは、大規模に他の人々のために呼び掛けに応えてきました。

国際赤十字、アメリカ合衆国の連邦緊急事態管理局(FEMA)、各国の警察や消防局、政府や民間の援助グループなど、同じ目的を持ったグループとの提携を通じて…

さらに見る