尊厳を回復させる
市民の人権擁護の会

市民の人権擁護の会(Citizens Commission on Human Rights、CCHR)は、1969年にサイエントロジー教会によって設立された非営利の慈善団体であり、メンタルヘルスの監視機関です。その目的は、精神医療における不正行為や人権侵害を根絶し、患者の権利が保障されるようにすることです。 CCHRはこれまでに160以上の法律の制定に尽力してきました。それらを通じ、虐待的な、あるいは強制的な精神医療から市民を保護すること、精神科の治療に対するインフォームド・コンセントの義務付け、児童や高齢者に対する強制的な投薬治療ならびに電気ショック療法の禁止、精神医療従事者による患者への性的虐待に対する重い処罰といった法規制を実現させてきました。

CCHRの国際本部は米カリフォルニア州ロサンゼルスにあります。この本部を中心として34ヵ国に200もの支部が存在し、地球規模の人権擁護ネットワークを形成しています。 CCHRの理事には医師、精神科医、心理療法士、弁護士、議員、政府職員、教育者、公民権運動家などがいます。 CCHRの国際本部には、精神医学という分野における何世紀にもわたる残虐行為の歴史を伝える資料館も併設されています。

CCHRでは、精神医療における人権侵害や不正行為の実態をさまざまな側面から検証したドキュメンタリー・フィルムを提供しています。メンタルヘルスの「早期発見」検査による不当な診断と向精神薬の処方がもたらしている破壊的な結果、精神医学界と製薬産業の金銭的な癒着、精神「障害」の診断における医学的根拠の欠落、現役の兵士や退役軍人に対するおびただしい精神薬治療が突然死や自殺、傷害事件を招いている実態といったテーマがこれまでに取り上げられています。

精神病棟での拷問に終止符を打つ

ニュージーランド

CCHRによる精神医療施設の調査が行われ、そこでの虐待行為が暴露された後、ニュージーランド政府に対して訴訟を起こした被害者たちは謝罪文と損害賠償金を受け取りました。

1984年、国連拷問禁止委員会は人種差別を扇動する集団、薬物カルテル、テロリスト、弾圧的な政府などによる拷問行為に「宣戦布告」しました。 しかし、精神医療の現場における残虐行為は、関心を向けられることのないまま見過ごされていました。 その結果、多くの国で患者を傷付け、死に至らしめている精神科医が、政府当局から何の監督も受けることなく開業し続けてきました。

CCHRはニュージーランドにおいて、レイク・アリス精神病院の未成年者精神科看護病棟に対する調査を開始しました。 この調査で判明したのは、州の保護観察下で拘束されている青少年が電気ショックによる体罰を与えられ、強制的な薬物投与を受け、隔離病棟に監禁されているという事実でした。 関係当局も警察も彼らの訴えに無関心でした。そこでCCHRは、この施設で精神的・肉体的な拷問を受けた十代の若者たちの100件近い事例を証拠書類として提出しました。 この事実がメディアでも取り上げられた結果、人々の激しい抗議によりレイク・アリス病院は閉鎖を余儀なくされました。

CCHRの援助で900人の元患者が訴訟を起しました。 最終的に被害者の権利を支持する判決が下り、ニュージーランド政府は謝罪文を発表するとともに、損害賠償金として1070万ドルを支払いました。

CCHRは、政府当局による精神医療に対する有効な監視制度の確立を訴えてロビイスト活動を行いましたが、ニュージーランド政府はまたしても何の措置も取ろうとしなかったため、CCHRはジュネーブの国連本部の拷問禁止委員会に詳細を報告しました。 2013年5月、国連の調査チームがニュージーランドに到着し、この国の拘束施設に対する初の正式な国連調査が行われました。

2014年3月、ニュージーランド法務省は遂に国連の勧告に従い、国内のすべての精神医療施設を監視する独立機関を設けることを決定しました。 さらに患者は精神医療による被害を警察に直接通報できるようになりました。警察は規定によりそのような訴えを調査することを義務付けられました。

CCHRの努力により、ニュージーランドにおける精神医療は確実に法の監視下に置かれることになったのです。


「CCHRは精神医療をめぐる現状を正しく認識しています。 あなた方はこの問題に対する私たちの関心を高め、そこでの虐待や不正に対する注意を喚起しました。あなた方がいなければ私たちはそれを知ることはなかったでしょう。 CCHRは私たちにとって大変有益な情報源です。」 ― ニュージーランド議会・行政監察委員事務所

CCHRは
医薬品規制当局からの
精神薬に
対する
286の
警告の発行に
寄与しました

「CCHRが世界中で数々の改革を確かなものにしてきたことを称賛します。彼らは精神保健制度における不正行為から人々を守ることに熱心に取り組み、メンタルヘルスの患者に対する法的保護が行われることを確かにしています。」 ― ジョージア州上院議員(アメリカ)

「市民の人権擁護の会(CCHR)の皆さんが、40年にわたり精神医療における人権侵害を調査・摘発してきたその尽力を称えたいと思います。 特に、子どもたちを保護する法制定の取り組みを支持する、CCHRのメンバーとその支援者による多大な努力に対し、深い感謝の意を表します。」 ― 国会議員 (米テキサス州)

「CCHRが虐待の被害者の支援に取り組んでいることは大変重要です。」 ― 人権顧問委員役員(ニュージーランド)

166

人道主義的使命

精神医療を法の管理下に置く

市民の人権擁護の会のメンバーは、精神医療における不正や虐待から個人を守り、メンタルヘルスの分野を正常化するというその人道主義的な使命の一環として、精神医療で被害を受けた人々を含むあらゆる市民のために法制度が確実に機能するように精力的に活動しています。

この目的を遂行するために、CCHRはアメリカのさまざまな州とその他の16の国々で、これまでに160以上の法案の成立に貢献してきました。 制定された法律は以下のようにさまざまな事柄に及びます。不当な向精神薬投与から子どもを守ること、高齢者を虐待的な治療から保護すること、精神医療や心理療法の従事者による患者への性的虐待の禁止、身体障害者と精神病患者の権利を守ること、不正と汚職への予防手段として精神医学界の情報の透明性を要求することなどです。 CCHRのメンバーはアメリカ、日本、フランス、オランダ、ドイツ、南アフリカ、イタリア、その他多くの国の議会で証言を行うことで、尊厳を守り人命を救うための法律が制定されることに寄与しました。

「CCHRは、社会改善の取り組みと効果的な教育や擁護を通して改革を達成する個人個人による団結の力を示す、傑出した模範となっています。」

「連邦議会を代表して、市民の人権擁護の会が世界人権宣言およびニュルンベルク綱領に述べられている基本的な自由を推進することに長年にわたり携わってきたことを称えたいと思います。 CCHRは、社会改善の取り組みと効果的な教育や擁護を通して改革を達成する個人個人による団結の力を示す、傑出した模範となっています。 議会は、CCHRが擁護してきた数々の偉大な改革により、今日、残酷で非人間的な、あるいは名誉を傷つけるような治療から人々が守られていることを称えます。また、尊厳と人権がすべての人々に取り戻されるように一般市民の認識を高める上で指導的な役割を果たしてきたことを称えます。」― 国会議員(米カリフォルニア州)