新しい理想のサイエントロジー教会がロサンゼルスにオープン

新しい理想のサイエントロジー教会が
ロサンゼルスにオープン

1954年に設立された世界初のサイエントロジー教会が、2010年4月24日に理想のサイエントロジー教会の仲間入りしました。教会員とゲストに加え、ロサンゼルス地区の行政官など6000人が出席した新しい教会の落成式には、サイエントロジー宗教の教会指導者でリリジャス・テクノロジー・センター会長のデビッド・ミスキャベッジ氏が立ち会いました。

2010年4月24日、サイエントロジー宗教の教会指導者で、リリジャス・テクノロジー・センター会長のデビッド・ミスキャベッジ氏は、市や州の政府高官、6000人のサイエントロジストや来賓を迎え、サイエントロジー教会ロサンゼルスの落成式を執り行いました。

式典は、サンセット大通りとL. ロン ハバード通りが交差する角にある、総床面積5000平方メートルの教会施設の全面的な再設計と建設の完成を記念するものでした。施設全体が理想のサイエントロジー教会としてつくり直されました。地域社会全体に奉仕するだけでなく、世界各地の教会役員やスタッフが研修する施設にもなります。

ミスキャベッジ氏は、この日の意義について次のように述べました。「今日は、私たちの援助を真に地球規模でもたらす惑星規模の運動における、画期的な一歩です。この運動を通じて、いつの日か、犯罪もなく、戦争もなく、狂気もなく、人間が自由により高い境地に至る世界になるでしょう。」

ミスキャベッジ氏は、サイエントロジストにとってのロサンゼルスという都市の重要性について、次のように述べました。「ここは、1954年に最初のサイエントロジー教会が法人化された都市です。それ以上に、ここは地球上で最もサイエントロジストが密集している都市です。」

カリフォルニア州議会議長のカレン・バース女史も祝辞を述べました。「公職に就いている者として、私は声なき声を代弁し、誰の声も無視されないことを保証するために全力を尽くしてきました。  しかし、人権教育を通じて、私たちは誰もが自ら声を上げ、人々にその声を届けることができる力を与えます。サイエントロジー教会は、確かに状況を変えてきました。というのも、皆さんの信条は普遍のものであり、人類全体に語りかけるものだからです。」

ロサンゼルス郡保安官リー・バッカ氏は、教会とその教会員の活動に感謝の意を表しました。「皆さんは、常に信頼できる助っ人として、ロサンゼルスを安全にするという私の目標を支援してくれました。特に皆さんの薬物防止教育は、私たちの学校や地域の安全に大変重要な役割を担っています。そのため、私たちは、皆さんの素晴らしいプログラムを使って、自分の右腕となる部隊を訓練しました。ですから、皆さんが私の仕事を助けてくれたことに対して、皆さん方ひとりひとりに感謝します。現在、ロサンゼルスの犯罪件数は、この40年で最も低くなったからです。」

ロサンゼルス市議会議員で、文化財保全活動家のポール・コレツ氏は、ハリウッドを復活させるために教会が果たす役割について述べました。「この都市の人々は、ハリウッドに夢を抱いていました。それは、何十年もの下降状態から不死鳥のごとく飛び立つという夢でした。私たちはハリウッドの文化を変える必要がありました。そうすれば、ロサンゼルス中に復興の波が広がるのです。今私たちが目にしているものは、ハリウッド復興の夢が現実になっている証拠です。なぜなら、この街を私たちの夢の街にすることの見本があるとしたら、それはサイエントロジー教会だからです。…この歴史的建築物の改修を通じて、皆さんは私たちの予想を遥かに超えて、新しいハリウッドの可能性を示してくれました。」

正面の受付はサンセット大通りに面し、教会の催しやサービスのために訪れる教会員やゲストを迎えます。
パブリック情報センターは誰もが見学できるように開放されています。ここではダイアネティックスとサイエントロジーの原理、教会が世界各地で推進する人道支援活動、創設者L. ロン ハバードの生涯と遺産などを紹介します。
チャペルは日曜サービスや結婚式、命名式といった教会員やゲストの集会に利用されます。

この施設はもともと単独のビルでしたが、クロード・ビールマンの設計で1928年に建てられた、レバノン病院のアールデコ調の施設と統合されました。2009年11月から大規模な建て替え工事が始まりました。壁と天井、表面の塗装を全面的に一新し、備品も輸入木材とイタリア産大理石を使って、教会内の特注品工房で組み立てられました。

広大なチャペルのほか、多くの独自な施設があります。「サイエントロジーとは何ですか?」という質問にマルチメディアを駆使して答える、20の展示パネルを備えた広大なパブリック情報センターなどです。新しい教会には、図書館、セミナー室、フィルム上映室に加え、教会が推進するさまざまな社会福祉事業や地域貢献活動のためにボランティアが利用するスペースもあります。コースルームは480人以上を収容でき、個別の宗教カウンセリング専用に35室が設置されています。

ロサンゼルス大都市圏には、この宗教の母教会である国際サイエントロジー教会と、ハバード氏の書籍や録音された講演を出版し、北米大陸をはじめ、ヨーロッパを除く全世界に流通させているブリッジ・パブリケーションズがあります。世界165ヵ国に、8500以上のサイエントロジー教会、ミッション、加盟グループがあります。