市民の人権擁護の会(CCHR) 世界各地での活動

市民の人権擁護の会(CCHR)
世界各地での活動

新しい「精神医学:死を生み出している産業博物館」がCCHR国際本部にオープンしたことで、精神医療を法の下に戻し、メンタルヘルスの分野全体を浄化する大規模キャンペーンは全く新しい様相を帯びるようになりました。展示パネルで上映されるドキュメンタリー映像がメッセージの鍵です。これはDVDとしても広く配布されています。精神医療の虐待的診療行為について市民の意識を高め、人々に行動を呼び起こすものです。

CCHRの移動式展示会は、毎年何万もの人々に、精神医療による虐待という過酷な現実を伝えています。この活動により、来場者が自らCCHRのメンバーになるという成果が上がっており、このキャンペーンの成功にさらに寄与しています。

CCHRを中心とする世界規模の活動家グループは、強制入院や残忍なショック療法、蔓延する強制投薬を禁止する、さまざまな法律制定に関わってきました。さらに、違法行為を働いた何千人もの精神科医を告発して有罪に追い込み、精神医療施設を閉鎖させ、何百万人もの命を救ってきました。

Citizen's Commision on Human Rights