公共サービス・メッセージ

薬物防止
公共サービス・メッセージ

公共情報キャンペーン「真実を知ってください:薬物」のかなめとなるのが、16の公共サービス広告です。それぞれのフィルムが、実際の生活の中で遭遇する場面を感情とアクション豊かに描いたもので、心に突き刺さるようなインパクトがあります。事実を知った若者は、薬物に手を出さないと自分の意思で決めるでしょう。

これらの公共サービス広告は、サイエントロジー教会によって制作され、薬物のない世界のための財団により配信されています。現在、15以上の言語に翻訳され、テレビや競技場、ナイトクラブ、ショッピングモール、教会、学校などで数千万人以上に向けて放映されてきました。

Drug Free World