成果の確認

成果の確認

オーディティングによる向上は、受けた人が主観的に感じるものですが、オーディティング・プログラムを行っている間にテストを受けることによって、客観的に表わすこともできます。

オーディティング・プログラムを始める前に、複数のテストを用いて、プリ・クリアーの能力をあらかじめ測定します。これにより、プリ・クリアーがある一定の結果を出すまでにどの程度のオーディティングが必要かという見通しも立ちます。後にプリ・クリアーが再度テストを受けると、その人が個人的に経験した向上がグラフに示され、その人の向上が確認されます。

人の向上をこのように客観的に測るというのは、一般に信じられている説を真っ向から打ち消すようなものです。ダイアネティックス以前、精神医学や心理学に携わる人々は、人間の能力や知能は変えられないと断固主張していました。オーディティング後に能力と知能が劇的な向上を見せるという相次ぐ事例を前に、彼らの意見は反証されたのです。

通常行われるテストのひとつは、オックスフォード能力分析(OCA)と呼ばれるもので、性格の特徴を10項目に分類して正確に測定するものです。これらの項目は、オーディティングによるプリ・クリアーの進歩を反映して著しく向上します。オーディティングの直接的な結果として、プリ・クリアーは以前よりも落ち着き、より安定し、より精力的でかつ外交的になったと報告しています。OCAテストの結果は、その報告を確証するデータとなります。

また、適性テストもオーディティングの結果として信頼できる指標のひとつです。適性テストの向上は、事故を起こす傾向の減少と相関関係にあります。他にも、身体機能の状態や視覚、聴覚、色覚、バランス感覚といった知覚を測定するさまざまなテストがあります。このような機能も、オーディティングの結果として向上するのです。

当然のことながら、個人の向上の度合いはまちまちです。なぜなら、向上はプリ・クリアーの取り組む姿勢とセッションの頻度に大きく左右されるためです。それゆえ向上の速度をはっきりと定めるのは不可能であり、サイエントロジー教会ではオーディティングで人が得られる向上についての主張や保証はしません。とはいえ、教会のスタッフは、多くの人々の顕著な向上を見てきたため、そのような結果が当然起こるものと予測しているのです。