人間の希望

人間の希望

単なる信条ではなく、明白な証拠とともに、L. ロン ハバードは無限の生命力を持つ不滅の精神が実際に存在するということを証明しました。「意識していることを意識している個体」、つまり、その人自身です。科学によって長い間人間に否定されてきた魂が、科学によって提供された技術によって発見されることとなりました。宗教の分野において何千年にもわたって信じられてきたこと現実のものとなり、誰でもすぐに実感することができるようになりました。 Read More 

buy
$15 USD
数量
言語
Free Shipping Currently eligible for free shipping.
In Stock
Ships within 24 hours
Format:
Compact Disc
Lectures:
1

Videos

Excerpt

gcui_scientology_videos:video_node_classicsquote_hope_title

More About 人間の希望

「この仕事は反乱を意味するわけではありません。こういった輩の滅亡に対する願いなど、露ほども意味していません。これが意味しているのは、人間が再び自分の足で立ち、非常に混乱した機械的な社会の中で自分自身を見付け出し、そして自分自身に対して、自分を創造した幸せのいくらか、誠実さのいくらか、そして愛と優しさのいくらかを取り戻せることができるという希望なのです。」 ― L. ロン ハバード

歴史の始まりから、人間は、より大きな自由を達成できるかもしれない、日々の退屈な仕事から抜け出せるかもしれないという希望を胸に抱いてきました。何世紀にもわたり、最も偉大な宗教指導者たちが語り続けてきたその希望によって、人間は、未来に直面する力を何度も新たなものにしてきました。しかし、希望を実現するための実際の手段を持っていなかったために、より大きな自由という目的は、すべての人にとってではなかったとしても、ほとんどの人にとって遠い彼方の達成不可能な夢であり続けていました。

20世紀に入ると、自然科学が急速に空前の進歩を遂げ、宇宙に関する多くの情報が明らかになりました。しかし同時に、そうした科学は研究対象を物質世界にのみ限定したもので、人間の魂の存在を無視し、否定さえするものでした。

それが、人間の謎を解き明かそうとする、L. ロン ハバードの25年にわたる探求の背景にあったものです。彼は、何千年にもわたる宗教の教えから蓄えた知識に20世紀の科学の手法と方法論を用いることで、人間とは一体何者で、一体であるのかを理解しようとしたのです。

そして1952年に、彼は歴史的な発見に到達しました。単なる信条ではなく、明白な証拠とともに、ハバード氏は無限の生命力を持つ不滅の精神が実際に存在するということを証明しました。「意識していることを意識している個体」、つまり、その人自身です。さらにハバード氏は、そういった科学的な手法によって、この「意識していることを意識している個体」の人生をたどることができるということも発見しました…何度も何度も繰り返される人生です。

これらの驚くべき発見には、念願の科学と宗教の融合とも言えるほどの意味合いがありました。科学によって長い間人間に否定されてきた魂が、科学によって提供された技術によって発見されることとなったからです。それにより、宗教の分野において何千年にもわたって信じられてきたこと現実のものとなり、誰でもすぐに実感することができるようになりました。

新しい宗教、世界初の完全に実践的な宗教であるサイエントロジーは、そうして誕生したのです。