カリブ諸島

フリーウィンズ号における1週間にわたる第27回処女航海記念コンベンションで、大規模なサイエントロジー教会の拡張の年を祝う

1988年以来、それは毎年6月の恒例行事となっています。

惑星で最も進化した状態を達成した200人以上のサイエントロジストたちが、のどかなカリブ諸島に集まり、完璧さを極めた発動機船に乗船します。それが、1週間にわたる盛大な祭典と精神的な啓発へのパスポートです。 そして今年の、サイエントロジストにとって精神の保養所である、フリーウィンズ船上で行われる第27周年処女航海記念祭は、6月13日の土曜日にアルバ島を出港して始まり、特別な旅行計画に沿って行われます。

リリジャス・テクノロジー・センター会長、デビッド・ミスキャベッジ氏は、先週、処女航海記念祭を始めるにあたり、妥協することなくサイエントロジーを前進させる比類無き成長を、そこに集まった人々に紹介しました。

リリジャス・テクノロジー・センター会長のミスキャベッジ氏は「本日、このフリーウィンズ号に集まり、さらなるもうひとつの画期的な出来事をお祝いします」と述べました。 「というのも、この10年間はそれ以前の50年のすべてを合わせたものを凌ぐ拡張のスピードを記録しているからです。 そしてそのすべてが、私たちの大いなる人道的使命の可能性の枠を押し広げ、人々を鼓舞し、最大の潜在能力へと人類を押し上げながら行われたのです。」

ミスキャベッジ氏は「本日、このフリーウィンズ号に集まり、さらなるもうひとつの画期的な出来事をお祝いします」と述べました。 「というのも、この10年間はそれ以前の50年のすべてを合わせたものを凌ぐ拡張のスピードを記録しているからです。 そしてそのすべてが、私たちの大いなる人道的使命の可能性の枠を押し広げ、人々を鼓舞し、最大の潜在能力へと人類を押し上げながら行われたのです。」

実際、教会の年次中間報告によると、これ以上輝かしいニュースを報道するのは難しいでしょう。

この12ヵ月に加わった新しい理想のオーグを合わせ、今では5大陸にわたって40以上の理想のオーグが輝いています。 さらにそれらの教会は、以前に達成したゴールを今や2倍、3倍、4倍、5倍にしている、サイエントロジーの発展の一部なのです。 世界中に広がるサイエントロジー理想のオーグと手を組んでいる、2,000以上の国や州、地域の組織は言うまでもありません。

サービスを提供している地域を良くしたという、それらの教会の取り組みを証言したたくさんの賞賛の言葉が教会に贈られました。 台湾のカオション市からの宗教的な功績賞、20年の教会サービスへの感謝としてロシア議会からのモスクワでの表彰、世界をより良く変化させるサイエントロジーの働きにスポットライトを当てたロンドンの貴族院からの賞状、寛容と平等を育てていることに対するサンフランシスコの市長の声明書、他の人々に対する無差別の助けに与えられたワシントンD.C.の合衆国議会からの賞賛の言葉もそこには含まれています。

フリーウィンズそのもの、乗客、そして乗組員は、訪れる島々で何万時間もの人道的な貢献をしてきました。そしてそれには組織化や、文化的なプログラムを行ったり、薬物の防止、人権、島の若者の道徳教育を後援したり、さまざまな地域社会や慈善団体の益のために世話役を務めたりすることが含まれています。

今週のフリーウィンズ号第27周年記念祭は、カリブ海域中のたくさんの港を訪れて奉仕する、船のより最近の人道的な活動やより大きな社会的任務のいくつかにスポットライトを当てています。

表彰には以下のものが含まれます:

  • キュラソーの法務大臣は、サイエントロジー創設者であるL. ロン ハバードの「深い影響」は「今も依然として見ることが出来る」と言及し、島の主要な港ウィレムスタットの30区域に浸透した「真実を知ってください:薬物」の活動を賞賛しています。
  • セントキッツ島の防衛軍からの、教会の人権教育に対する感謝の言葉は「ユース・フォー・ヒューマンライツは多大な違いをもたらしています」と述べています。
  • 教会の「しあわせへの道」キャンペーンでは、テレ・アルバを通して85パーセント以上の島民に向けて21の教訓が放映され、その道徳教育に対して、アルバの法務大臣は「フリーウィンズ号は、人々の人生に真の違いをもたらしています」と公式に発表しました。
  • ボネールの法務省は「私たちの島があなた方の人権運動の一部であることを嬉しく思います」という感謝とともに「ユース・フォー・ヒューマンライツ」を褒めたたえています。

このようにバルバドス、セントルシア、セントビンセント、ドミニカ、アンティグアを含む島々を、フリーウィンズ号は基地と呼びます。 船が公海で25年以上の慈善任務を遂行している間、およそ80の役所や機関が、ほぼ400もの賞を船と乗組員に贈呈してきました。

2015年処女航海記念祭の乗船客はまた、人類に立ちはだかる最も陰鬱な問題点のいくつかに対して注意を喚起し、その解決策を提供することを助ける、国際サイエントロジスト協会(IAS)の比類ない世界的な取り組みを称え、晩餐会が催されました。

イベントでは、サイエントロジー教会が後援する社会プログラムによって推進された人類の勝利に関する世界中からの物語に、参加者たちは釘付けになりました。 以下がその物語です。

  • 「しあわせへの道」が核となっている平穏、希望、達成の物語。このプログラムは、メキシコや南アフリカ、そしてフランスにおける暴力によって破壊された地域に正気さと秩序を回復させる助けとなりました。
  • 「ユナイテッド・フォー・ヒューマンライツ」と「ユース・フォー・ヒューマンライツ」の支援により、バングラデシュやデンマーク、グアテマラといった地域で世界人権宣言への注意を喚起し、実施したこと。
  • 薬物のない世界のための財団は、ホンジュラス、インドネシア、そしてニューヨーク市における薬物乱用による惨劇に責任を取っています。
  • 「市民の人権擁護の会(CCHR)」は、イタリアやオーストラリア、米国のニューメキシコ州における、精神科医による職権乱用と犯罪行為による何千もの子供の犠牲者を弁護するために戦い、法律上の勝利を獲得しました。

そして週末には、処女航海記念祭に集まったサイエントロジストたちは、来たる年のエキサイティングな挑戦に、高揚し、満足し、そして活気付いた状態で船を後にしました。