フロリダ州クリアウォーター

新しいサイエントロジー・ボランティア・ミニスター・センターは、「何か打つ手がある」を掲げ、助けの手をクリアウォーターに広げます。


7月11日クリアウォーターの中心に新しいセンターがオープンし、サイエントロジー教会の国際的なプログラムは、ピネラス郡全域に無条件の助けを提供します。

過去40年間、サイエントロジー教会の精神的拠点のある都市の人々に深い関わり合いを持ってきました。サイエントロジー教会は、7月11日にクリアウォーターの中心部に新しいボランティア・ミニスター・センターをオープンしました。 それは大タンパベイ地域のすべて人に、「精神的な応急手当」と言われる独自の技術を拡張するため、さまざまな人が長い間、世界各地でボランティア・ミニスターが持ち続けるヘルプの恩恵を得ることができます。

ボランティア・ミニスター・プログラムは、1970年代半ばに、サイエントロジーの創設者であるL. ロン ハバードによってつくられ、「ボランティアとして、目的、真実、そして精神的な価値観を人々の人生に回復させることで他の人たちを助ける人」です。 さらにハバード氏はこのように述べました。「サイエントロジー・ボランティア・ミニスターは、人々の苦しみ、悪、不正に目をつぶったりはしません。」 ボランティア・ミニスターは、そのようなものを処理し、そういったものから他の人たちを解放し、また同時に個人の新たな強さももたらす手助けをするトレーニングを受けています。

リリジャス・テクノロジー・センター会長のデビッド・ミスキャベッジ氏は、土曜日の新しいセンターの落成式でこのように述べました。「災害時に、地域全体であれ一家の問題であれ、私たちのボランティア・ミニスターは「何か打つ手がある」ことを日々実証しています。 分け隔てしません。 評価しません。 私たちが関心があるのは、助けることだけです。 そして、それが何度でも示されるように、私たちはどこでもあらゆるところで、そのヘルプを提供します。 そういうわけで、誰でもどんな人にも恩恵をもたらすために、ここクリアウォーターの中心に新しいボランティア・ミニスター本部を置きます。」

クリアウォーターにおけるサイエントロジーの存在感、そして1万人以上のサイエントロジストが本拠地と呼ぶ、この都市にある新しいボランティア・ミニスターの施設は、この地域のすべての人に解決策を提供する、教会に望まれている役割を体現します。

毎日、ボランティア・ミニスターはサイエントロジーの創設者L. ロン ハバードによって開発された、けがや病気に関連する感情的、精神的な要因に対処するサイエントロジーの「アシスト」技術で一対一の救済を提供できるように待機しています。

一般の人々は、どんな問題でも助けを得るためにいつでもやって来ることができます。勉強に困難を抱えている子供を持つ母親、最愛の人を失い深く悲しんでいる家族、家庭内暴力さえもです。 特定の宗派に属さないセンターは、今ヘルプの扉を開きます。

このセンターは、さらに、個人が日々の問題や試練を克服する技能を学ぶのを助けるために、『サイエントロジー・ハンドブック』の19のテーマについて、無料トレーニングを提供します。 これらには、子育て、対立の解決策、人間関係の改善、人生の浮き沈みの克服などの問題が含まれます。

その使命を成し遂げるために、ボランティア・ミニスターの世界規模の勢力は、2001年以降、世界各地でのあらゆる大災害に対応してきました。 クリアウォーターとタンパベイのボランティア・ミニスターは、ニューヨークの世界貿易センターの悲劇、2004年の東南アジアの津波、ハリケーン・カトリーナなど、何百もの被災地での救援活動で主導的な役割を果たしました。

  • 2004年8月のハリケーン・チャーリーの復旧作業を受けて、その後、フロリダ州ジェブ・ブッシュ知事はタンパベイ・ボランティア・ミニスターに、ポインツ・オブ・ライツ「ハリケーン英雄」賞を授与しました。
  • 2010年にハイチが地震に襲われた時、即座に駆け付けた350人のボランティア・ミニスターの中には、大勢のクリアウォーターとタンパベイの人も含まれていました。そして、最終的に130トンの医薬品と緊急材料を届けて、450人以上の医療専門家を輸送して、60万人の生存者に身体的、精神的な援助を施しました。
  • 世界中で、ボランティア・ミニスターは2,700万以上のボランティア時間を費やしました。そして、ほぼすべての大陸の何千もの地域で、素早い緊急援助を2,900万人以上に提供しました。

ボランティア・ミニスターの信条「何か打つ手がある」に沿って、新しいクリアウォーター・センターは、このヘルプをクリアウォーター全域に広げるという誓約を表明します。


サイエントロジー・ボランティア・ミニスター、効果的な身体的および精神的援助を提供し、いつでもどこでも必要に応じて効果的な援助をもたらす幅広い戦略について、もっと知ってください。 ボランティア・ミニスターは、民間では最大の災害救援チームのひとつです。

このビデオをご覧ください

この新しいボランティア・ミニスター・センターは、6つの新しい施設のうちのひとつです。そして、各々がクリアウォーターと大タンパベイ地域に影響している切迫した問題を助けるために利用されます。

  • 市民の人権擁護の会の博物館と運営センターは、1969年からメンタルヘルス分野の監視機関であり、精神科医による虐待的あるいは強制的な実践から市民を守るために、これまでに181以上の法律制定に関与してきました。 このクリアウォーターの情報センターは、「精神医学:死を生み出している産業」を呼び物にしています。
  • ユナイテッド・フォー・ヒューマンライツの新しい本部は、世界のあらゆる人の人権、さらに合衆国で最も深刻な人権侵害や人身売買されているピネラス郡の住民の人権を守るために、世界規模の教育運動を推進します。 この本部は、このような良心のない虐待との戦いの先頭に立つと約束します。
  • 薬物のない世界のための財団」の新しい地域センター、その国際的な「真実を知ってください:薬物」プログラムは、世界中で2億6,000万人にこの情報を届けました。 このプログラムは、薬物乱用を根絶し、有意義な薬物教育を若者に提供することに取り組んでいます。
  • しあわせへの道」の建物は、L. ロン ハバードによって書かれた特定の宗教に偏らない道徳律を紹介します。 この特定の宗教に偏らない道徳律は、人の手に渡されることによって、112の言語で出版されており、暴力に悩まされる地域に平穏を、そして内紛で荒れる領域に平和をもたらし、何百万という人々に自尊心を回復させてきました。 新しいクリアウォーター・オフィスでは、この地域で必要な倫理基準を提供します。
  • クリミノン・フロリダ本部では、犯罪の原因に対処し、効果的な人格形成プログラムを通じて、犯罪者の自尊心を回復する任務を行う際の出発点として存在しています。