セントヒル英国

英国の新しい理想のサイエントロジー教会本部が
サイエントロジーの成長を先導する

サイエントロジー宗教の拡張で鍵となる次のステップは、創設者L. ロン ハバードの歴史的な家と上級オーガニゼーション英国から目と鼻の先にある、セントヒル・ロードの地における発展です。

7月18日、セントヒル・ロードにある新たな理想のコンチネンタル・リエゾン・オフィス英国のグランドオープニングは、1,500人以上のサイエントロジストとそのゲストによって祝福され、サイエントロジー教会の前例のない拡張はさらに大きく前進しました。

「まだあなたが気付いていなかったとしても、私たちはペースを落とすつもりはありません。 実際、私たちはスタートしたばかりなのです。 これは私たちの時代であり、地球規模の歴史における私たちの場所なのです。 そうです、このリボンカットを行うことで、この理想のコンチネンタル・リエゾン・オフィス英国を祝うことで、今私たちは歴史的意義ある一歩を踏み出すのです!」
― デビッド・ミスキャベッジ氏、リリジャス・テクノロジー・センター会長

「まだあなたが気付いていなかったとしても、私たちはペースを落とすつもりはありません」とリリジャス・テクノロジー・センター会長のデビッド・ミスキャベッジ氏は述べました。 「実際、私たちはスタートしたばかりなのです。 これは私たちの時代であり、地球規模の歴史における私たちの場所なのです。 そうです。このリボンカットを行うことで、この理想のコンチネンタル・リエゾン・オフィス英国を祝うことで、今私たちは歴史的な意義ある一歩を踏み出すのです!」

教会の存在を強固にするため、セントヒルから通りを隔てた17万4,000平方メートルの敷地に5つの理想の建物が建てられた今、運命の時がやってきました。 フォントヒル・ロッジは、1880年に建てられ、この地域の美しさを象徴するアッシュダウンの森に隣接する、重要な歴史的建造物です。

それはイギリスのサイエントロジーのあらゆる活動分野を扱い、教会の経営活動を網羅するのに完璧な敷地です。 サイエントロジーのブリッジを提供する教会、上級オーガニゼーション、そしてサイエントロジー・ミッションや関連グループも含みます。

CLO UKは、教会が支援する読み書き能力の欠如や犯罪者更生、薬物リハビリに取り組む社会改善組織だけでなく、教会後援による人道支援活動拠点の設立と、拡張に責任を持つ専用オフィスがあります。それには、今後イースト・サセックス州メイナード・グリーンズにオープンする、新たな理想の大陸ナルコノンも含まれます。

これらの最新の英国の施設は、英国の大陸ゾーンにおけるすべての活動の拠点として、またサイエントロジーの創設者L. ロン ハバードの家と、1960年代の教会の国際本部セントヒルの活動拠点として堂々と立っています。 またハバード氏がクリアーの状態への調査を完成させ、より高い精神のレベルに取り組み始めた場所です。

ハバード氏がセントヒルに住んでいた頃、有名なセントヒル特別集約コースを受けるために、世界中からサイエントロジストがイースト・グリンステッドに押し寄せました。彼はそこで、生徒に最新の調査や拡張の経過を紹介する400以上もの講演を提供しました。またハバード氏が組織の基本となる法則や、世界中のすべてのサイエントロジー組織のための形態を見出し、体系的にまとめたのも、ここセントヒルでした。 彼はセントヒルをほんの数ヵ月で大きく繁栄する組織にしました。 実際、「セントヒル・サイズ」は、すべてのサイエントロジー教会が達成し保持するべき基準として残っています。

1983年、ハバード氏はイギリスのサイエントロジストに向けて、将来を見据えてこのように記しました。「私はイギリスの親愛なる友人たちに、私たちの発展が、ここセントヒルで始まったことを忘れないでいてもらいたいのです。 自由と能力のより高い砦が与えられたのはここからです。 私は、常にあなた方が他の人たちの模範となっていることは評価すべきことだと思っていました。」

7月18日のオープニングにより、ここは世界で2番目の理想のコンチネンタル・リエゾン・オフィスになりました。 最初は2014年デンマークのコペンハーゲンで、ヨーロッパ大陸全体のために尽くす施設として、ミスキャベッジ氏が落成式を執り行ったものです。

イギリス中にサイエントロジーを拡張する果敢な計画の観点からして、CLOのオープニングは、2013年にイギリスの最高裁判所が、サイエントロジーを宗教として認めた歴史的な出来事に続く、最初のステップでしかありません。

この先、輝かしい新しい理想の施設が、セントヒルにオープンします。それは大幅に増大する宗教サービスの提供に対応するために、LRHが設計したセントヒル城に増設された新たな建物を含みます。 それに続いてバーミンガム、マンチェスター、プリマス、そしてサンダーランドの新しい理想のサイエントロジー・オーグのオープニング、またブライトンとエジンバラでも、新しい理想のオーグのプランが進行中です。 ロンドンの中心街クイーン・ビクトリア通りの理想のオーグ・ロンドンに加え、トッテナム裁判所通りにある、1950年代にロンドンのサイエントロジーにおける歴史的拠点であったフィッツロイ・ハウスが、ロンドン・ダイアネティックス&サイエントロジー人生向上センターとしてオープンします。 これらの教会の目立つ建物によって、イギリスにおけるサイエントロジーの存在が大幅に増大しました。

_________________

サイエントロジーは、この10年間で、以前の50年間を合わせたよりも大きな拡張を経験しています。 2015年の前半は、サイエントロジーにとって歴史的な偉業が刻まれました。

それには、この週末に改修された教会の精神のための拠点、クリアウォーター・ビルディングのサイエントロジー情報センター、および教会後援の人道支援プログラムを地域の人々が、気軽に利用できる6つの新しいクリアウォーターの拠点の落成式、7月 5日コロンビアのボゴタで壮麗な理想のサイエントロジー教会の落成式、フランスとドイツとの国境に接するスイス・バーゼルにある理想のサイエントロジー教会の2ヵ月前のオープニングが含まれます。

数ヵ月後にはアジア、ヨーロッパ、北アメリカでのオープンが予定されています。