はじめに

薬物リハビリと防止を通じて
人々を救う

ナルコノンは、作家で人道主義者のL. ロン ハバードによる研究成果を用いて数十年来の薬物依存から離脱した受刑者によって、1966年に創設されました。 現在、ナルコノンは世界規模のネットワークとなり、人々が薬物依存から立ち直るのを日々助けています。

ナルコノンは現在世界規模のネットワークから構成され、人々が薬物の破滅的な影響から立ち直るのを日々助けています。

ナルコノン薬物防止・リハビリテーションの手法は、代替的な薬物を一切使用せず、正確なプログラムに沿って、薬物に結び付いた精神的、肉体的苦痛を緩和する手順を用いて、体内に蓄積された残留薬物を消し去ります。

ナルコノンのリハビリは、薬物乱用による精神的な悪影響だけでなく、人が薬物に頼るようになったそもそもの理由にも取り組みます。 現在までこのプログラムは何万もの人が薬物のない新しい人生を歩む手助けをしました。

しかし、ナルコノンはそれだけにとどまりません。薬物の防止と教育のプログラムを通じて若者にも大人にも薬物と薬物乱用について知らせています。 現在までに、ナルコノンの薬物教育スペシャリストは1600万以上の人に直接メッセージを伝えてきました。

個人の真の自由は薬物乱用や薬物依存であふれかえっている世界では獲得できません。 だからこそサイエントロジー教会は、この社会的問題に効果的に対処するプログラムに全力を注いでいます。

世界的な薬物の危機に対する
効果的な解決策

薬物とアルコールの乱用は、社会に破壊的な影響をもたらします。 違法薬物の取り引きは年間およそ3220億ドルに上り、世界の88パーセントの国の国内総生産(GDP)を上回っています。 何億もの命が違法薬物の悪影響をこうむっています。生まれる前から薬物にさらされることも珍しくありません。 職を失い、健康を害し、お金をすべて薬物につぎ込み、家庭崩壊につながることもしばしばです。

さらに見る

ナルコノン・インターナショナル
薬物リハビリテーション・プログラム

ナルコノンは、L. ロン ハバードによって開発された手法を利用した、薬物を用いない非常に効果的な薬物離脱、デトックスフィケーション、リハビリテーション・プログラムです。

ナルコノンのネットワークは、この種のリハビリ施設ネットワークの中で最大の居住施設であり、薬物リハビリ指導員とボランティア・スタッフの教育センターでもあるナルコノン・アローヘッドから世界各国に広がっています。

さらに見る

ナルコノン
ファースト・ステップ・プログラム

ナルコノンのファースト・ステップ・プログラムはその名の通り、薬物の使用をやめるための「第一歩」です。

ファースト・ステップ・プログラムは、薬物離脱の際に代わりの薬物を用いない取り組みです。薬物常習を断とうとする際の苦痛を伴う禁断症状が、薬物離脱プログラムを続ける気持ちをくじけさせますが、そうした苦痛をなるべく経験しないで薬物から離れるのを助けることが、このプログラムの目的です。

さらに見る

ナルコノン
ニューライフ・プログラム

薬物の影響に対処する分野における革新的な発見が生まれたのは、薬物とその他の残留毒素は、体内に蓄積するというハバード氏の発見がきっかけでした。 彼は、そうした蓄積物質からの影響を取り除くための、安全で健康的で、かつ徹底的な方法を開発しました。

さらに見る

薬物問題を根絶する
薬物防止活動

40年にわたって薬物リハビリと防止を提供してきた、ナルコノンの薬物防止教育専門家たちの経験によると、薬物の作用について知識と理解を得た若者たちのほとんどが、薬物には近付かないと自分で決断します。

さらに見る

ナルコノン・プログラム
薬物のない世界を実現する

薬物乱用と依存を根絶するという目標を達成するために、ナルコノンのスタッフとボランティアたちは、この問題の規模と効果的な解決策に対する意識を高めるために、薬物防止教育キャンペーンを通じて専門家や教育者、国会議員や地域社会の人々に訴えています。

薬物を使用している人は自分の人生を台無しにするだけでなく、多くの場合、周囲の人々にとっても危険になります。

さらに見る

プログラム実施の
成果

ナルコノンの有効性とその活動のインパクトにより、ナルコノン・プログラムは世界各地の警察官、地域社会の有力者、生徒、家族から称賛と支持を受けています。

さらに見る