勉強の技術とは何ですか?

勉強の技術とは何ですか?

勉強の技術とは、個人が効果的に勉強できるように、L. ロン ハバードが開発した方法につけられた名称です。

ハバードは、1950年代に現代教育の失敗に気が付いていました。これは、落ちこぼれ生徒が大きく報道され始める何年も前のことです。彼は、単に生徒たちが学んでも理解できないということを観察しました。彼らは、時にはオウム返しに、教えられたことを繰り返すことができました。しかし、彼らはすらすらと、理解しながら「学んだ」はずの主題を適用することができませんでした。

そこでハバードは勉強という主題を研究し、効果的な学習を実際に阻んでいるものを突き止めました。彼が発見した問題は、勉強のし過ぎでも、詰め込み主義のカリキュラムでも、無能な教師でもありませんでした。そうではなく、生徒が知識を保ち、それを効果的に使う能力に対する一番の障害は、「勉強する方法」の技術の欠如であることを発見したのです。これは、「勉強の3つの障害」として知られる発見を含んでおり、そして勉強の技術はこれらの障害を克服するための正確な方法を含んでいます。

サイエントロジーの教典のデータを理解する方法を学ぶことは、その人の精神の旅の重要なステップであり、生徒はサイエントロジーの原理をより良く適用できるようになります。「勉強の技術」は、非常に広範にわたるものなので、誰にでも、どの主題にも適用されます。

勉強の技術は、まがい物の「素早い勉強法」ではありません。それは、何かについて学んだり新たな技能を修得する上で、誰もが使うことのできる正確な技術なのです。