サイエントロジー大聖堂の実現を可能にしてくれた方々へ敬意を表す

フロリダ州、クリアウォーター

サイエントロジー大聖堂の実現を
可能にしてくれた方々へ敬意を表す

2013年11月25日

「どの大聖堂も最初はひとつの石を置くところから始まりました。 偉大な社会を築く礎は個人です。」—L. ロン ハバード

ここではサイエントロジー宗教の21世紀型大聖堂、フロリダ州クリアウォーターの新しいフラッグ・ビルディングとしてその礎が築かれました。これは94ヵ国からのサイエントロジストの個々の貢献によって建設され、2013年11月17日にオープンされました。

オープンから1週間後、コーナーストーン晩餐会が、この私たちの大聖堂という夢の実現に向けてひたむきに献身してきた何千もの貢献者たちに敬意を表するために、盛大に開かれました。 「礎石を置くと誓ったのはみなさんでした」とリリジャス・テクノロジー・センター会長のデビッド・ミスキャベッジ氏曰く。

フラッグの巨大なイベント会場には2,100名以上の人々が参加しました。 彼らは、私たちの精神的中心地という夢の実現に向けて、40万キロを旅し、世界各国の1万7000もの貢献者たちを感化してきた方々です。

「基礎工事の段階から骨組みの段階、そして最終的な仕上げの段階に至るまで見守ってきたのは皆さんでした」とミスキャベッジ氏曰く。 「それでも皆さんの旅してきた規模やその魔法を十分に表現しきれていないのであれば、このように言いましょう。今晩私たちは皆さん—皆さんだけを称えているのです。」

そこで、サイエントロジー大聖堂の実現を支援した輝かしい方々は、その弛みない献身と寛大さが称えられたのです。

コーナーストーン晩餐会の参加者は、このような感動の声を伝えています。

「会長がこのグループやL. ロン ハバードに対し成し遂げてくれたことは、間違いなくこれまでにない最高の功績です。 スタッフのみなさんには感謝しています。個々のみなさんの力なしにこれを行うことはできませんでした。 この驚異的なチームの一員であることを本当に、本当に誇りに思います。」-B.D.

「フラッグ・ビルディング・プロジェクトは、まったく人ごとではありませんでした。これに携わっていた方々は、私にとって本当に意義深いんです。 このイベントはフラッグ・ビルディングのために私たちが支援した理由を要約してくれました。これに参加できたことを本当に誇りに思います。」—K.F.

「今夜ここに参加できたこと、そしてこれら英雄のなかの英雄と一緒にいれたことを本当に誇りに思います。 ここに築かれたものは、とても感動的です。」

「会長が成し遂げてくださったすべてに感謝します。 私たちの大聖堂への彼の献身に感謝します。 彼は言葉では表現できないほど素晴らしい、リーダーのなかのリーダーです。 今夜ここに参加できたこと、そしてこれら英雄のなかの英雄と一緒にいれたことを本当に誇りに思います。 ここで築かれたものは、とても感動的です。」—B.Z.

「これまでで最高の賛辞です。ここにいるみんなも同じ気持ちでしょう。 大変光栄です。」—M.F.

「ステージへ上がり会長のもとへ行った時に、『私は泣きませんからね!』 と言った途端に『やっぱり泣きます!』と言いました。 このアワードで完全に心を動かされましたよ。 こんなに素晴らしい数々のイベント・ウィークを開催してくれたみなさんに感謝します。これは人生を変える夢のような出来事でした。 ありがとう、COB!」—C.F.

「私が一番感動したのは、このすべてを実現させるために費やされた努力とグループとしての意志の強さです。 この新しいフラッグ・ビルディングのオープンの背後には、グループとしての本当に大きな努力があったことでしょう。 今夜のすべてが最高に美しかったです。」― N.C.

「美しい! 最高です。ここに参加しただけで最高です。 これは本当に私たちのための瞬間でした! COBの言葉は、天下一品です。 彼は天才です。」—A.C.

「これは、私の全軌跡で最高の週でした。 本当に素晴らしい晩餐会でした。 この建物の着工工事が始まった時期に、ここクリアーウォーターに引越し、それ以来この瞬間をずっと待ち望んでいたんです。」—J.M.

「このイベントは最高でした! 貢献者すべてに対する賛辞が本当に良かったです。 サウス・カロライナからここまで車で来たんです。 本当に光栄に思います。 今夜達成したものと比べたら、私の貢献はわずかですがね。 みなさんには感謝します。」-J.B.

「私たちが達成したことを
本当に誇りに思います。」

「COBから賛辞を頂けたことは、素晴らしいの一言に尽きますよ。 自分たちが成し遂げたことを誇りに思います。 みなさん本当にありがとう。次のプロジェクトでまたお会いしましょう。」—S.S.

「これは完璧なエンディングでしたね。しかもスーパー・パワーを完成させたのですから。 これは本当に最高の偉業であり、謝意です。 本当に素晴らしいです!」—K.F.

「夢のような夜でした。 これは歴史上完璧な瞬間でしたよ。 これは間違いなく、輝かしい未来の始まりとなるでしょう。」-A.S.

「このひとつの空間に、貢献者たちが全員集まったことが、本当に良かったです。 私の父は、「レジオン・ドヌール」ステータスで、彼がステージに上がった時は本当に誇りに思えましたよ。 私はスーパー・パワーを始めましたから、これがどれほど素晴らしいか実感しています。」—C.K.

「フラッグ・ビルディングのトップの貢献者への賛辞には本当に驚かされましたよ。 それといろんな国のいろんな職種の人々が集まっていたことにも驚きました。 この受賞式での出来事は何もかもが美しかったです。 ここにいる人々とRTC会長との絆の深さは見るも本当に美しいものでした。」- E.B.

「このイベントは最高でした! 賛辞は本当に心温まる瞬間でした。 感動しましたよ。 世界中からの人々を見ることができたのも、良かったです。 素晴らしいです。 今夜のイベントではいろいろな感情が湧き出してきました。このプロジェクトの完成に高揚し、これから始めようとしているスーパー・パワーにワクワクし、このプロジェクトを終えて、次のプロジェクトへと先に進むことができることに誇りを感じたりなどです。」—K.M.

「これは新世界の公式的な開始です。」

「このイベントはセットから食べ物、賛辞、そしてRTC会長などすべてが最高でした。 私は2001年から貢献者です。これは、ここにフラッグ・ビルディングを築いた人々全員に対する私たちの賛辞です。 このイベントの開催、COBのスピーチ、そしてすべての人々への賛辞から、これが新世界の公式的な始まりなんだと実感できました。」—M.D.A.

「とても感謝されたと感じ、謙遜しています。 このイベントの週で、エネルギーがみなぎり、高揚し、外在化しました。 このグループを誇りに感じるとともに、名誉に思います。 COBに感謝しています。 彼なしでは、今日ここに私たちが集まることはできなかったでしょう。」—S.Y.